菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

腸活メインビジュアル

気持ちも軽くなる。

腸活で作りたい、
たくましくも美しい腸とは?

腸は、第二の脳とも言われるほど、とても重要な役割を担っています。便秘や美肌に注目されがちですが、その重要性は生命を維持する装置ともいえるほど。栄養を吸収したり、免疫力を高めたり、脳内の神経伝達物質やホルモンを分泌したりと、人間の体にはなくてはならない存在です。
そんな大事な腸の働きを支えているのが、約500種類1000兆個にも及ぶとされる、お花畑のように腸壁で輝く腸内細菌です。ところが、この腸内細菌は加齢や生活習慣などで減少すると腸内のバランスが崩れ、さまざまな体の不調につながっていってしまいます。そうならないためにも、正しく楽しく腸活をして、予防や改善に努めましょう。

そう、脳内だけじゃなく腸内をお花畑にすることが若くいる秘訣なのです。

腸の中のお花畑。腸内フローラとは?

腸内フローラ

人の腸内には約500種類の細菌が存在しており、その種類は人によってさまざま。腸内細菌の様子はまるでお花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれています。

このサイトでは腸活で叶えられるキレイ健康、そして幸せに注目しました。
成功のポイントはズバリ、「菌活で腸内細菌を増やすこと」。まずは手軽にできる菌活を知り、なぜ腸内細菌が増えるのかを学んでいきましょう。

今日から始める
3つのシンプルな

善玉菌を増やして日和見菌を味方につける!

腸で活躍している腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌(土壌菌)の3つの種類で構成されています。これらの作用は文字通り、善玉菌は体に良い作用を、悪玉菌は悪作用を、日和見菌はどちらにか強いほうに味方して作用する、といった特徴をそれぞれが持っています。この3つのバランスが、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7というのが、腸が活発に機能するために最も理想的とされ、それが様々な要因で崩れてしまうと、腸内環境が悪化し体に悪い影響を及ぼすとされています。そのため腸活では、腸内環境を良好に保つため、善玉菌と日和見菌を増やしていくのが、必須となっています。

善玉菌と日和見菌を増やす

一般的に、「腸活」というと善玉菌を増やすことが一番の目的となります。しかし善玉菌が増えて活性化させるために見逃せない存在が日和見菌です。日和見菌は腸内に約7割存在していると言われ、私たちの腸の中は、ほぼ日和見菌で埋め尽くされているといっても過言ではありません。
善玉菌を有効活用するためには、日和見菌の存在はなくてはならないもの。善玉菌を増やしつつ、たくさんの日和見菌にバックアップしてもらうことで、腸内環境は理想型に近づくのです。

善玉菌と日和見菌

菌活成功のポイント
いろいろなを摂る!

  • 善玉菌を増やす
  • 日和見菌を増やす
  • 日本人には日本人向けの発酵食品
  • たくさんの菌を摂る