日本人の腸におすすめのみそ汁で腸活&菌活!

腸活で「飲む点滴」と言われるおみそ汁がスゴイ!

みそ汁

古来から調味料として親しまれてきた味噌も、日本人の腸活・菌活にとってとても魅力的な発酵食品です。納豆と同様、大豆から作られている発酵食品で、みそ汁など日本食には欠かせないものの一つです。そんな、日本人の腸内細菌を作り上げてきたと言っても過言ではない、味噌の菌活メリットをご紹介していきましょう。

理由①
受け継がれてきた伝統的な発酵食品だから、日本人の腸活に味噌はとても適している

菌活みそ汁1

私たちの腸内細菌は、生まれる時にお母さんから受け継いだものと、その後食事で摂取したもので構成されています。つまり、本人の食生活はもちろん、先人達が何を食べてきたかも大きく関連しているのです。日本では古くから、多くの発酵食品が食べられてきました。大豆の発酵食品である「味噌」も、その中の代表的な一つです。

色々な日本料理の調味料としてはもちろん、みそ汁は食卓に欠かせない一品として、伝統的に食べ続けられてきました。そのため日本人が持つ腸内細菌は、日本人特有のものなのだそうです。腸内環境を改善するには、自分の中にある善玉菌や日和見菌を増やしていくことが、とても大切なポイントとなります。そのため、日本人の私たちが腸活・菌活をおこなう際には、日本の伝統的な食材を摂り入れることが良いとされているのです。

理由②
味噌には乳酸菌を始めとする腸に良い働きをする菌が豊富に含まれている

菌活みそ汁2

腸内環境を整えていくにあたって、腸内の善玉菌や日和見菌を増やしていくのは必須です。日本の伝統的な発酵食品である味噌には、善玉菌として知られる乳酸菌をはじめ、酵母菌や麹菌など腸内フローラを活発にするのに大きく役立つ菌が、多種多様に含まれています。そのため、腸活のために食生活の見直しをするのであれば、ぜひに摂り入れたい一品と言えるのです。

乳酸菌を豊富に含んでいる食材と言えば、ヨーグルトを思い浮かべる方も多いと思いますが、日本人が食物から乳酸菌を摂取するのであれば、味噌の方が体に合うことが多いのだそう。古来から食べ次がれている食品であることと、ヨーグルトが動物性なのに対して味噌は植物性の乳酸菌であることが、日本人の腸内にはマッチする理由となっています。

理由③
日本の食卓に欠かせない「みそ汁」は、腸内環境を良くするスーパーフード★

菌活みそ汁3

味噌が、日本の伝統的な発酵食品として、腸活・菌活に大変有効であることは、お分かりいただけたと思います。古くから親しまれてきた食材だけに、味噌の摂取方法はそれこそ多種多様。料理の調味料として、またはそのままディップして食べるなど、色々な方法があります。

そんな味噌メニューの中で、最も手軽でおすすめなのが「みそ汁」です。1杯のみそ汁には、同量のヨーグルトと同じだけの乳酸菌が含まれているとされており、またみそ汁に含まれる乳酸菌は胃酸に強く、その多くは生きて腸内に届くそうです。

またみそ汁には、味噌以外にも野菜などの具材が入ります。つまり善玉菌のエサとなる食物繊維を同時に摂取することが可能なので、腸内で善玉菌を増やすのにとても適している、まさに腸内環境を良くするスーパーフードとも言える食品なのです。

腸活に魅力的な味噌ですが、その種類にも着目しさらなる改善効果を目指しましょう

植物性乳酸菌を豊富に含み、その他にも多種多様な菌を摂取するのにとても適している味噌。日本人が慣れ親しんできた調味料ということもあり、毎日摂取しやすいというのも腸活における味噌のメリットと言えるかもしれません。

特にみそ汁は、具材のアレンジも豊富にできるので、効率的にバランス良く栄養を摂取するのにとても適したメニューです。腸活をするためには、1日に1杯は飲んでおきたいメニューのひとつ。

ところで、スーパーなどに買い物に行くと、実にたくさんの種類の味噌が販売されているのを、目にされていると思います。体の健康を目指す腸活の観点からすると、実は味噌選びも結構重要なポイントになります。成分表をよくチェックして、麹・塩・大豆だけのシンプルで良質な製品を選ぶようにしましょう。

みそ汁を定期的に摂取していて腸活や菌活に物足りなさを感じている方は、菌を一度にたくさん摂取できるサプリメント「おなか革命」がおすすめ。腸内環境を改善してすっきりした毎日を過ごしましょう。

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます