たくさんの菌が含まれている納豆で腸活&菌活!

日本人の腸活には納豆がイイ!

納豆で菌活

日本食の代表的な発酵食品と言える納豆は、大豆を発酵させることで作られています。その発酵の際に欠かせないのが、納豆菌という細菌です。この納豆菌は、腸の中に入るとすでにある善玉菌と共同し、悪玉菌を減らし善玉菌を増やす働きをしてくれるため、納豆は腸活にとってとても良い食材とされています。

理由①
大豆を納豆に変える「納豆菌」は、腸内環境を整えてくれる天然の整腸剤のような菌

菌活納豆1

納豆は、大豆を発酵させて作られる、日本では古くから親しまれてきた発酵食品です。そんな納豆を作る時に欠かせないのが、「納豆菌」と呼ばれる細菌です。この納豆菌が大豆のたんぱく質を分解することで発酵が進み、あの納豆独特の風味や粘りが生まれるのです。

この納豆菌は日和見菌の多くを占める土壌菌の一種。日和見菌は腸内で善玉菌が優位になると、善玉菌に味方をしてくれる性質を持っています。そのため、納豆を食べ続けることで腸に納豆菌を送り、日和見菌を増やすことは、腸内フローラの活動力を高める、いわば腸活のポイントとも言えるのです。

また、原料となっている大豆には腸内環境の改善に必要な食物繊維も豊富に含まれているため、その点においても腸活・菌活に納豆はとてもおススメな食材と言えるのです。

理由②
熱にも酸にも負けない★生きたまま腸まで届くから納豆菌は腸に効く

菌活納豆2

善玉菌や日和見菌を食品から摂取して、腸内フローラを活性化させるのも、腸活には大切なプロセスです。しかし、接種した菌が腸まで届くためには、必ず胃を通過しなければなりません。胃には食物を分解する強い胃酸が存在します。菌の多くはその胃酸で死んでしまうことが多く、なかなか生きたままで腸に届くことは難しいのです。

ところが納豆に含まれる納豆菌は、土壌菌の中でも強い菌として知られており、熱にも酸にも高い耐性を持っていることがわかっています。つまり納豆菌は、強い胃酸にさらされても死滅することなく、生きたまま腸に届いてくれるとても優秀な菌なのです。

また、納豆菌が一番活発に活動する適温は40℃~45℃とされていますので、まさに腸内は納豆菌が最も活躍できる、最適な場所とも言えるかもしれませんね。

理由③
納豆菌は乳酸菌と相性抜群!善玉菌を増やしてより腸内環境を良くする最強コンビ

菌活納豆3

納豆菌はそのものが土壌菌(日和見菌)ですので、そのままでも腸内フローラを活発にするのに役立ちますが、ここに乳酸菌が加わるとさらに良い効果が生まれることがわかっています。実は納豆菌は乳酸菌ととても相性が良く、この二つが腸内で出会うと、納豆菌がエサとなり善玉菌である乳酸菌を増やす効果が高まるとされています。

また、この二つが合わさることで特殊な酵素が発生し、それが悪玉菌の増殖を抑える働きをすると言われています。つまり、納豆菌と乳酸菌を同時に摂取することで、腸内細菌のバランスを善玉菌優位に保ち、腸内フローラを元気な状態に保つことが期待できるのです。そんな相乗効果が納豆菌と乳酸菌にはあるため、乳酸菌サプリなどには納豆菌も含まれていることが多いのだそうです。

日本の朝ご飯の定番・納豆は腸活・菌活生活にとても魅力的な食材

納豆に含まれる納豆菌は、腸内細菌の一大勢力である日和見菌にあたる、土壌菌の一種です。腸内の日和見菌の数を増やすだけではなく、善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを、善玉菌優位にする働きもある、腸活・菌活にとってとても魅力的な納豆菌。しかも、大豆には食物繊維も豊富に含まれているため、腸内環境の改善には本当に有効な食べ物と言って良いでしょう。

また、日本で古くから親しまれてきた食材ですので、日本人の腸に馴染みやすいというのも、納豆のメリットと言えるかもしれません。

日ごろから納豆を食べていてもいまいち腸に届いているのかわからない…という方は、さらに一歩上行く腸活や菌活で腸内環境を改善してみましょう。サプリメント「おなか革命」は、一度にたくさんの菌を摂取でき腸内環境改善におすすめです。

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます