菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

腸活におすすめのおなか革命の魅力に迫る!

菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル > 腸活に大切なこと 善玉菌・日和見菌を増やす編 > 【特集】善玉菌も日和見菌もこれひとつ。おなか革命とは?

【特集】

善玉菌も日和見菌もこれひとつおなか革命とは?

おなか革命

一度にたくさんの菌を摂取できる腸活の強いミカタ

腸内環境を改善するには、できるだけ多種多様な善玉菌や日和見菌を摂取する必要があります。しかし、食事だけではなかなかたくさんの種類を摂取することは難しいので、サポートとして乳酸菌サプリメントを活用するのがおすすめです。中でも「おなか革命」は腸活の神サプリとも言えるほど、実力の高いサプリメントです。

腸内細菌のおさらい。なぜ複数の菌をとることが腸活において大切なのか?を専門家の文献から調査!

近年、腸内細菌に関するの論文はいろいろな学会で発表されています。
「公益財団法人日本ビフィズス菌センター」の腸内細菌学会で発表された内容には、以下のようなものがあります。

”「健康長寿者の腸には,ある種の腸内細菌が非常に多い」ということです.その菌は,「酪酸産生菌(酪酸菌)」です.そしてもう1 つ,健康長寿者に多いのは,善玉菌の代表である「ビフィズス菌」です.”(※1)

”母親の腸内に棲息するビフィズス菌株が乳児の腸内へ伝播しているか否かを検証した.結果,自然分娩出産した母子において,出産前の母親と各々の乳児の糞便から同一系統のビフィズス菌株が認められた.”(※2)

”腸内細菌がストレス応答を構成する視床下部-下垂体-副腎軸反応の発達に関わっていることを世界で初めて明らかにした.”(※3)

”ヒトの腸内には 500 ~ 1,000 種類からなる約 100 兆の細菌が存在していると言われている.これらの腸内細菌は,宿主であるヒトが代謝できない物質を代謝したり,生体内の免疫バランスをとることにより,ヒトと共生している.しかし肥満すると腸内細菌叢が変化することが知られており,肥満に伴う病態と腸内細菌の関係が注目されている. ”(※4)


これによると、善玉菌を摂取し、腸内の善玉菌を優勢にすることが、さまざまな効果をもたらすことが発表されています。
しかし人の腸内細菌は誰一人として同じものは存在しないため、ひとつの菌が必ずしも自分の腸に定着するとは言い切れないのも事実。
実際、腸に詳しい腸内環境研究者・福田真嗣氏によると、

”たとえばある人の腸内にはビフィズス菌が10%いるのが理想だとしても、別の人の腸内にも同じように10%いることが理想だとは限らず、人によって理想の腸内フローラ構成も異なる”(※5)

と考えられているようです。
また、農学学士の木村凡氏は、

”腸内細菌の多様性は肥満体質の改善や健康にいいことだ”
”ヒトの腸内細菌叢は毎日食べる食事の内容によって日単位で変動する”(※6)


と言うように、専門家が発表している腸内細菌に関するさまざまな文献を読み解くと、多種多様な菌を摂取することが腸活においての成功ポイントと考えても間違いはないと言えるでしょう。

乳酸菌サプリメントの中で、最上級並みの菌種が含有されている「おなか革命」

おなか革命

私たちの体の中で、腸は活動に必要な栄養素を作ったり、免疫力を向上させたりと、健康のためにとても重要な役割を果たしています。そして、その働きを支えているものこそ、腸内に多く存在している「腸内細菌」。

この腸内細菌の量が減ってしまったり、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが崩れてしまうと、腸が役割を果たせなくなり、体調を崩したり老化を早めたりといった悪影響が出やすくなります。腸内環境を良くするためには、まず腸内の善玉菌や日和見菌の数や種類を増やすことが望まれます。

それには、土壌菌や乳酸菌を多く含む発酵食品を摂取することが効果的ですが、毎日発酵食品を多く食べ続けるのは大変なこと。

そこで、食事のサポートとして活用したいのが、乳酸菌サプリメントです。1日適量を摂取するだけで、多くの善玉菌や日和見菌を摂取できますが、その中でも特に多くの菌種が一度に摂れるサプリメントが「おなか革命」です。「おなか革命」には、有効な菌が14,442種類も含有されています。数ある乳酸菌サプリメントの中でも、一度に多種多様な菌を摂取できることに関しては、右に出るものがないことから、腸活・菌活にとって神サプリとも言われています。

生活習慣病の予防に見逃せない★ダイエットやリラックス効果も期待できる「おなか革命」

「おなか革命」には腸内環境を改善するのに有効な菌が、約14,000種類以上含まれています。後述のとおり「ヤセ菌」と言われるバクテロイデス門の種類も多く、痩せやすい体作りに効果があるとされています。

また「おなか革命」には、9種類の必須アミノ酸と18種類のアミノ酸も配合されており、体に必要な栄養素を補給することで健康の底上げをサポートすることができます。ストレス社会とも言われる現代、メタボリックシンドロームなど生活習慣病が問題となっています。腸内環境が改善され体の栄養バランスが整うことは、体の機能を健康にするだけでなく、ストレスで緊張している自律神経をリラックスさせる効果も期待できるのだそうです。

キレイを目指す女性だけではなく、生活習慣病の予防など健康を目指す全ての人にも、「おなか革命」は適したサプリメントと言えるでしょう。

おなか革命にも入ってる!とくに注目の日和見菌はこの2種類!

バクテロイデス門

バクテロイデス門

バクテロイデス門とは、腸内細菌の種類のことで「善玉菌を好む日和見菌」と言われています。成人の腸内細菌の種類として2大勢力のひとつで、腸内で食べ物を分解しエネルギーに変えています。この分解時にバクテロイデス門が排出するのが「短鎖脂肪酸」です。短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると、体が脂肪を取り込むことを止める作用があります。

肥満を防ぐ効果が期待できることから、バクテロイデス門の別名は「ヤセ菌」。「おなか革命」には、こうした腸内細菌の2大勢力に属する菌が、約6,000種以上も配合されています。

フィルミクテス門

フィルミクテス門

「フィルミクテス門」も腸内細菌の2大勢力のひとつ。人間の消化酵素では分解できない、セルロースなどの繊維質を分解してエネルギーに変える働きを持っています。しかし、セルロースは分解されると糖に変化し余分なカロリーを摂取してしまうことから、フィルミクテス門は別名「デブ菌」と呼ばれることも。

なら摂らない方がいいのでは…と思いますが、デブ菌が多いから太りやすいのではなく、ヤセ菌とデブ菌のバランスの崩れがその引き金になるとのこと。そのために「おなか革命」はバランスを整えられるよう両方の日和見菌が含有されているのです。

土壌菌と大豆イソフラボンで老化を防止!アンチエイジングにも期待

大豆

腸の働きには、食物をエネルギーに変える働きの他に、免疫力を高めたり代謝を促進させる働きもあります。そしてこの働きこそ、体の老化に深く関わっているものなのです。

日和見菌(土壌菌)が多種多様に腸内に存在する、いわゆる腸内環境が良好な状態では、腸が食物を分解する力が高まり、老廃物が排出されやすくなります。そうして新陳代謝が高まると、体の細胞は古いものから新しいものにスムーズに入れ替わるので、老化のスピードを緩めるエイジング効果が期待できるのです。

また「おなか革命」には、土壌菌の他にも女性ホルモンに似た作用をする「大豆イソフラボン」や、美のミネラルとも称される「天然シリカ」も入っています。これら成分には、年齢を重ねたことによる肌荒れなどを予防する効果が期待できるそうです。

土壌菌についてさらに詳しく知りたい人はコチラ

おなか革命は忙しい人の腸活・菌活の強い味方となる神サプリ

配合されている菌種がダントツに多い「おなか革命」は、手軽に多くの菌種が摂取できる腸にとって嬉しい味方。忙しい人の腸活を強力にサポートしてくれる、まさに腸活の“神サプリ”です。健康だけでなくキレイも目指せるのも、「おなか革命」の嬉しいポイントとなっていて、多くの方から支持されるサプリメントとなっています。

腸内環境を改善するためには、さまざまな善玉菌や日和見菌を摂取していくことが重要です。発酵食品など、善玉菌や日和見菌(土壌菌)を多く含む食物を、バランス良く食べ続けることは至難の業。

そんな人でも腸活・菌活を続け、腸内環境を改善するためには、乳酸菌サプリメントを活用するのがおススメです。

引用

(※1)
辨野義己氏(理化学研究所辨野特別研究室 特別招聘研究員)
第 22 回腸内細菌学会「“長寿菌”がいのちを守る !~大切な腸内環境コントロール~」
https://bifidus-fund.jp/meeting/pdf/22th/10_simin-1.pdf

(※2)
牧野博氏(株式会社ヤクルト本社中央研究所)
第 22 回腸内細菌学会「乳児の腸内ビフィズス菌は母親から受け継がれる」
https://bifidus-fund.jp/meeting/pdf/22th/10_simin-1.pdf

(※3)
須藤信行氏(九州大学大学院医学研究院心身医学 教授)
第 20 回腸内細菌学会「腸内細菌によるストレス応答・行動特性の制御」
https://bifidus-fund.jp/meeting/pdf/20th/kokunai.pdf

(※4)
原英二氏(大阪大学微生物病研究所ほか)
第 19 回腸内細菌学会「肥満とがん:腸内細菌の関与について」
https://bifidus-fund.jp/meeting/pdf/19th/symposium_2-4.pdf

(※5)
日経Gooday「多ければ良いのか善玉菌 意外に知らない腸内環境 意外に知らない 腸内フローラの真実(1)」
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO08829470W6A021C1000000

(※6)
木村凡氏(農学学士)「腸内細菌や皮膚細菌の種類が多様なことは健康にいいことだ」
http://www.mac.or.jp/mail/170801/01.shtml

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます