手軽に摂取できるヨーグルトで腸活&菌活!

腸活に欠かせないヨーグルトは乳酸菌の宝庫

ヨーグルト

おなかの調子を整えるために良い食材として、まず真っ先に挙げられるであろう食品が「ヨーグルト」でしょう。乳性発酵食品であるヨーグルトは、とても豊富に乳酸菌が含まれており、腸活にはとても良い働きをしてくれます。それでは、そんなヨーグルトの腸活におけるメリットについて、ご紹介しましょう。

理由①
腸活の成功は続けることにあり!手軽で味の変化も楽しめるヨーグルトは頼もしい味方

菌活ヨーグルト1

ヨーグルトは、おなかの調子を整える発酵食品として、多くの人が摂り入れている食材です。ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌と言った善玉菌が多く含まれていて、腸内環境を整えるのにとても適しています。その効能ももちろんですが、ヨーグルトがこれほど腸活に良い食材として親しまれる理由は、手軽に摂取することができるという点も大きく関わっていると思います。

腸内フローラを活発にするには、多種多様な善玉菌や日和見菌を、日々摂取し続け腸内細菌を増やしていくことが大切です。ですので、手軽に食べられるヨーグルトは、忙しい人の腸活にとってすごく魅力的な食材と言えます。

また、ハチミツや果物をトッピングすることで、味に変化が付けやすく、さらに整腸作用をアップさせることができるのも、ヨーグルトによる腸活が続けやすいポイントとなっています。

理由②
ヨーグルトを大量に食べると太ってしまう?ヨーグルト腸活で注意したいポイントとは

菌活ヨーグルト2

乳製品であるヨーグルトには、多量に食べると太ってしまう原因になる、という気になる話もあるようです。しかしこれには、ちょっとした「但し書き」が付いてきます。ヨーグルトは確かに乳製品ですが、乳酸菌やビフィズス菌により牛乳などを発酵させた食品ですので、酸味が強くヨーロッパなど海外では、調理に使う隠し味的な利用のされ方をしています。

ところが日本では、ヨーグルトはデザートとして食べられることが多く、そのため砂糖を加えて強い酸味を抑えた商品が、多く販売されています。もうお分かりかと思いますが、ヨーグルトが太らせるのではなく、この加糖こそが太る原因となっているのです。

腸活は続けることが肝心ですので、摂取するヨーグルトを買う時は、含まれる糖質や脂質の量をしっかりチェックして、選択するようにしましょう。

理由③
ヨーグルトに含まれている善玉菌★動物性乳酸菌のメリットとデメリット

菌活ヨーグルト3

納豆や味噌など、日本の伝統的な発酵食品は、主に大豆を発酵させて作られていますので、食材に含まれる乳酸菌は「植物性乳酸菌」となります。ところがヨーグルトは、牛乳などを発酵させて作られている発酵食品なので、含まれている乳酸菌は「動物性乳酸菌」となります。植物性乳酸菌は過酷な環境にも強く、胃酸に耐えて生きたまま腸内に届くという大きなメリットを持っています。

しかし動物性乳酸菌の場合、植物性のものに比べて環境の変化に弱く、摂取してから腸に到達するまでに、そのほとんどが死滅してしまうとされています。では、ヨーグルトをいくら食べても、腸内環境の改善はできないのかというと、実はそうでもないのです。動物性乳酸菌は、死滅すると他の善玉菌のエサになるという特性を持っています。

つまり、腸内で善玉菌を優位にさせるという点では、欠かせないメリットを持っていると言えるのです。

体調に合った菌を持つヨーグルトを選んで、他のものと一緒に食べると高い効果が期待できます

腸活をおこなっていくにあたって、ヨーグルトはとても魅力的な製品であることは、良くお分かりいただけたかと思います。

手軽に食べることができるのはもちろん、味を変えやすく食べ続けていきやすいですし、食欲がない時でも食べやすいというのも、ヨーグルトの大きなメリットであると言えます。

ただし、ヨーグルトは製品によって含まれる乳酸菌やビフィズス菌の種類が違ったり、植物性乳酸菌に比べて生きて腸まで届きにくいと言った面も持っています。そのためヨーグルトで腸活をおこなう際は、自分の体調に合った菌を持つヨーグルトを選んで、さらに果物など乳酸菌のエサになる食物繊維や、植物性乳酸菌を含む発酵食品と一緒に、バランス良く食べることが望まれるそうです。一度に効率よく菌活をするなら、ヨーグルトと共にサプリメント「おなか革命」を摂るのもおすすめです。

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます