うつ病の腸内環境とは?監修医師が解説

悪玉菌がうつ病を呼ぶ?うつ病の人は
悪玉菌が多い

澤田先生

監修

澤田彰史(東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医)

うつ病

うつ病患者さんの腸内環境を調べてみると、悪玉菌が多いことがわかってきたそうです。このように腸内環境の悪化は、精神的な症状の発症にも大きく関わっているのです。

腸は第二の脳★精神的な症状の発症にも腸内環境が密接に関わっている

精神状態が安定させる「幸せホルモン」は、腸内細菌で作られている

精神的に不安定な状態になることで、強い不安感からうつ病を発症するとされています。そしてこのうつ病の発症には、腸内環境が深く関係していることが近年の研究でわかってきました。腸内細菌の働きには、体に入ってきた食べ物を分解し、必要な栄養素を作り出すだけでなく、脳内伝達物質を作り出すこともわかっています。

腸内で合成された脳内伝達物質セロトニンは、別名「幸せホルモン」と呼ばれ、気持ちをポジティブにさせる働きがあるとされています。腸内環境が悪化すると、このセロトニンの分泌量が減ってしまうため、気持ちが不安定になりやすくなるとされています。このように、脳に関係する働きも担っているため「腸は第二の脳」とも呼ばれているのです。

悪玉菌が多いとうつ病になりやすい~善玉菌を増やす腸活が症状の改善に役立つ

一般的な抗うつ薬の投与よりも、善玉菌の増加がうつ症状の改善効果を高める

うつ病を発症している患者さんの腸内環境を調べたところ、腸内環境が悪化していて悪玉菌が多いことがわかったそうです。腸内バランスが崩れ悪玉菌優位となっているマウスを使ったある実験では、マウスの善玉菌を増やしたところ、自閉症に似た症状を示していたマウスが改善傾向に向かった、という結果が出たそうです。

またマウスを使った別の実験では、一般的な抗うつ薬を投与した時よりも、ビフィズス菌を投与した方が改善効果が高かったという結果が得られたことが報告されています。このように様々な実験結果から、腸内環境が悪玉菌優位から善玉菌優位へと改善すれば、うつ病などの精神的な症状への高い改善効果が期待できるということがわかってきたのです。

キレイな腸内フローラは健康と美容、そして幸せを運んでくれる体の中のお花畑

多種多様な腸内細菌がバランス良く集まることで、肉体的にも精神的にも健康的な状態に

私たちの腸内には多くの腸内細菌が存在し、体に関する様々な働きをしています。腸壁には多種多様な腸内細菌が集まって群をつくり、それがまるでお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれているのです。この腸内細菌群、腸内フローラの状態は、体の健康や美容に大きく影響していることがわかっています。

ですので、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の腸内細菌のバランスがとれているキレイな腸内フローラを保つことは、私たちの体を健全な状態に保つことに直結しているといっても過言ではないのです。もちろん、肉体的にだけではなく、精神的にも良好な状態とするためにも、キレイな腸内フローラが貢献していることはいうまでもありません。

腸内環境の改善がうつ病をはじめ精神的な症状の改善に繋がっている

うつ病と腸内細菌、一見するとあまり関係のないもの同士に思えます。しかし近年、様々な研究結果から腸内環境が精神的な症状に、深く関係していることがわかってきました。もちろん、腸内環境だけがうつ病の原因、というわけではありません。ですが、これまでの研究結果から、要因の1つになっていることは明らかです。まだ研究の途中ですが、腸活がうつ病改善に効果的なのは、確かなようです。

他の効果にも注目!

澤田先生

監修

澤田彰史(東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医)

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医。同院以外でも美容から形成外科手術・訪問診療に至るまで幅広く医療に従事。
“美肌マスター”として、NHK『ひるまえほっと』、日テレ『世界一受けたい授業』、テレビ朝日『今でしょ講座』などテレビ出演多数。フジテレビ『ネプリーグ』、テレビ朝日『Qさま』ではクイズの回答者として出演。講談社『GLAMOROUS』誌では“グラ男2010”に選出されている。
肌年齢測定装置では“実年齢-11歳”という測定結果を出し、以前は82kgのメタボ状態であった体重も68kgまで減らした経験も持つ。
著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)は台湾語にも翻訳され、海外でも好評を得ている。


>監修者情報はこちら

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。