菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

腸内を健康にする腸活・菌活について

菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル > 腸内を健康にする腸活・菌活について

腸内環境を整える腸内細菌ってなに?腸内細菌と腸内環境

私たちの腸内環境は、腸内細菌のバランスによって作られています。ここでは、腸が働くためにどのくらいの腸内細菌が存在しているのか、また腸内細菌がどのように腸内環境と関係しているのかなどについて、ご紹介しています。

腸を整えるとよい理由整腸をすることで期待できる健康効果とは

腸内環境は、肉体的にはもちろん、精神的にも体に影響していることがわかっています。つまり腸内環境によって、私たちの体は健康的に保たれている、ということなのです。それでは、腸内バランスを整えることによって、どのような体に対するメリットを得ることができるのでしょうか。

誰もが認める理想的な腸とは?若々しく健康な人は、理想的な腸内フローラを持っている

体を若々しく健康的な状態に保つために重要なのが、腸内細菌のバランスが整っていることが必須となります。腸内フローラがきれいな状態でいるためには、理想的とされる腸内細菌の黄金比に近づくよう、腸活を行っていく必要があります。

腸活で体臭が改善される?

腸活体臭

おならが臭かったら腸内環境が悪化しているサイン

体臭の改善にも、腸内環境を良くすることが効果的だといわれています。特に臭いおならの原因は悪玉菌の増殖が関係しているとされ、菌活や腸活による腸内環境の改善が、臭いをなくすのに有効な方法とされているのです。

大きいウンコは幸せになる?便の大きさに隠された秘密とは?

便の大きさ

腸は第二の脳★だから健康な便は幸せのバロメーターになる

腸は第二の脳と呼ばれるように、脳が幸せを感じる神経伝達物質は、腸で合成されています。そのため、腸が健康でよく働いているときは、伝達物質の合成も多いとされています。ですので、腸が健康である証拠である便は、幸せのバロメーターになるといわれています。

朝一杯のお水は腸活に本当に効果がある?

朝一のお水で腸活

便秘の解消法、朝一杯のお水はどれだけ効果が期待できるのか

便秘の解消法としてよくいわれているのが、朝一杯のお水を飲むことです。水の重さで腸を刺激して、蠕動運動を活発にし排便を促す効果があるとされています。ですが気をつけないと、逆の効果を生んでしまうかもしれないそうです。

本当に解消したい便秘症状のレベルとは?

便秘の症状レベル調査

人によって違う便秘の症状、解消すべき症状の定義が知りたい

便秘の症状は、人によって異なります。ですので、自分の症状がどうひどいのか、判断するのが難しいともされています。そこでここでは、自分の便秘症状のレベルを知るために、医療機関の学会が提唱している便秘の定義を紹介しています。

腸活で改善!腸に悪い生活習慣とは?

腸活に悪い生活習慣

腸内環境を悪化させるのは、現代の生活習慣も関わっている

腸内環境を悪化させる要因には、現代のストレス社会が抱える問題、不規則な生活習慣も関わっています。ここでは、そうした腸に悪い生活習慣をご紹介することで、腸内環境を改善するための腸活に役立てていただこうと思います。

腸活で避けるべき食材とは?腸に悪い食べ物を調査!

腸に悪い食べ物

せっかく菌活で取り入れた有効な腸内細菌をダメにする食材

腸内環境を改善するため、せっかく菌活でよい菌を体に摂り入れて増やしても、それを減らしてしまう作用をする食材があります。それが「食品添加物」です。菌活の成果を損なわない腸活をするために、ぜひ知っておきましょう。

50歳から気をつけたい!腸活のための食生活とは?

50歳からの腸活

年代によっても違う、効果的に腸活を行うための食生活

すべての年代で同じ腸活を行っても、体の機能は年齢によって変化していますので、同じ効果が得られるとは限りません。そこでここでは、50歳以降の人が腸内環境を良い状態で保つために、おすすめの食生活についてご紹介します。

腸を温める温腸活の効果は?

温腸活

腸を温める「温腸活」は、本当に腸内環境改善に役立つのか

体が冷えている人は、腸内で悪玉菌が増殖しやすいといわれています。そのため、腸を温めることで悪玉菌の増殖を抑える「温腸活」が、注目されています。そこで、温めることで得られる腸活の効果について、調べてみました。

腸活のための腸マッサージの注意点は?

腸活マッサージ法

腸の動きを助けるマッサージは、腸活にも有効なのか

便秘を解消するのに役立つことで、よく女性誌などでも特集されているのが、腸のマッサージです。お腹の上からマッサージで腸を刺激することで、腸の動きをよくするこの方法は、腸活にも効果があるのではといわれています。

整腸剤とサプリの違いは?

整腸剤とサプリの違い

腸を整える作用のある錠剤、整腸剤とサプリメントは同じもの?

食事や生活習慣以外で腸を整えるものとして知られているのが、整腸剤と整腸サプリメントです。2つとも錠剤などを服用することで、腸の働きを助ける役割を持っているのですが、整腸剤とサプリメントには決定的な違いがあるのです。

同じ菌をとり続けるといいのか?

同じ菌をとり続ける

腸内環境を良くする善玉菌、でも一種類だけでは十分ではないようです

お腹の調子を整えるため、腸活としてヨーグルトなどを食べ続けたほうが良いとされていますが、実はそれだけでは、腸内環境を改善するために不十分だそうなのです。正しく腸活を行うためには、菌活で多種多様な善玉菌と日和見菌を摂取する必要があるそうです。

菌活をすることでお腹を壊さない(下痢)のか?

菌活で下痢

多くの腸内細菌を摂取することで考えられるリスクはあるのか

腸内環境を改善するためと、いきなりたくさんの細菌を腸内に入れることで、お腹を壊すようなことはないのでしょうか。急な菌活で下痢などの症状を引き起こすことはないのか、菌活を行うことで考えられるリスクがあるのかを調査しました。

妊婦さんのための腸活知識とは?

妊婦

腸内バランスが崩れると身体全体に影響

腸活は腸内環境を整えることを意味します。腸にはたくさんの常在菌が存在し、腸にいる菌の活動は人間の生命維持にも関与しています。正常な状態であれば、それぞれの菌は腸内に陣地を作ってバランスを維持したまま共に暮らしていますが、スキあらば勢力を拡大する菌や、環境変化で数が減る菌もあるため、ときにバランスを崩してしまうことがあります。腸内環境がバランスを崩すと、腸にも身体全体にも健康上の問題が起こる可能性があります。

腸活で体臭が改善される?

腸活体臭

おならが臭かったら腸内環境が悪化しているサイン

体臭の改善にも、腸内環境を良くすることが効果的だといわれています。特に臭いおならの原因は悪玉菌の増殖が関係しているとされ、菌活や腸活による腸内環境の改善が、臭いをなくすのに有効な方法とされているのです。

腸内環境を良くする善玉菌、でも一種類だけでは十分ではないようです

お腹の調子を整えるため、腸活としてヨーグルトなどを食べ続けたほうが良いとされていますが、実はそれだけでは、腸内環境を改善するために不十分だそうなのです。正しく腸活を行うためには、菌活で多種多様な善玉菌と日和見菌を摂取する必要があるそうです。

PICK UP
本当の菌活、
腸活のおさらい

腸内環境を整えるためには、腸内細菌が善玉菌優位となるよう、腸活・菌活で善玉菌や日和見菌を増やしていく必要があります。日常的に腸活をしていくには、やはり食生活の見直しは欠かせません。そんな中、腸に良い食材として目にいきがちなのが、ヨーグルトなどの乳酸菌食品かと思います。ヨーグルトなどには、動物性乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が多く含まれていますので、腸活に活用する食品としてもちろん間違いではありません。

ですが、日本人の体質に合った腸活食品という点では、納豆や味噌など日本に古くからある発酵食品に含まれる、植物性乳酸菌などの方がおススメではあります。また腸活は、続けていくことこそが大事なポイント。長期にわたって菌と共存していくために、無理のない腸活を進めていきましょう。

PICK UP
腸内環境を整えて
期待できる効果とは?

「腸」というと便秘や下痢を思い浮かべる方も多いはず。しかし腸内環境改善はそれだけではありません。そこで、腸内環境を整えると日々の生活にどんな変化があるのかを調べてみました。

イライラ解消

イライラ解消

神経がイラだってしまう理由の一つに、腸内環境の悪化が挙げられています。それは、腸内細菌が作るビタミンが、脳内の伝達物質の合成に関わっているためです。体内でビタミンが不足してしまうと、脳内伝達物質が減って精神的にイライラしやすくなるそうです。そのため、菌活で腸内細菌を増やすことは、イライラの解消にも効果が期待できるのです。

すっきり睡眠

すっきり睡眠

腸の中では、腸内細菌が食べ物を分解し、脳内伝達物質の合成を行っています。その中には「セロトニン」というものがあります。そして、この「セロトニン」が体内で増えると、同時に「メラトニン」という物質も増えていくことがわかっています。「メラトニン」は睡眠に深く関わっていて、熟睡するためには欠かせない物質であるため、腸活が睡眠においても効果が期待できるのです。

ダイエット効果

ダイエット効果

腸内細菌の割合で一番多くを占めるのが、日和見菌(土壌菌)です。この日和見菌には「ヤセ菌」と「デブ菌」に分けることができ、肥満体型の人は「デブ菌」と呼ばれる日和見菌が多くなっているそうです。腸活をおこなうことで、日和見菌の中の「デブ菌」を減らし、痩せる体質に導く「ヤセ菌」を増やしていけば、女性に嬉しいダイエット効果も期待ができるのです。

つやつや健康肌

つやつや健康肌

腸内環境が悪くなると、腸で食べ物が分解されず、体に必要な栄養が吸収されにくくなります。すると体は栄養不足となり、肌も乾燥などトラブルを起こしやすくなるのです。そのため腸活をすることは、美肌作りにも効果が期待できるとされています。また、健康な肌には欠かせない「皮膚常在菌」を、洗顔や手洗いのしすぎで落としてしまうのも、肌には悪影響となります。

いつでも健康

いつでも健康

私たちの体には、外界から来る雑菌やウイルスに対抗し、体の健康を守る「免疫機能」が備わっています。腸は、この大事な免疫力を作り出す、大事な役割も持っているのです。ですので、腸内環境が悪化してしまうと、当然免疫力も低下してしまい、健康が損なわれる可能性が高まってしまいます。こうしたことから、体を健康に保つためにも腸活は有効なことといえるのです。

下腹部すっきり

下腹部すっきり

下腹のポッコリは、女性のお悩みの中でも上位に入るものだと思います。その要因として、腸内環境の悪化が挙げられています。腸内の悪玉菌が増えてしまうと、腸のぜんどう運動などが滞り便秘を引き起こしやすくなり、便が腸内に停滞してしまうので下腹がポッコリする、という悪循環が生まれます。そのため、腸活で腸内環境を改善し便秘の解消をおこなえば、下腹部のポッコリをすっきりさせることが期待できます。

火照りに勝つ

火照りに勝つ

女性の更年期症状で多いのが、体が急に火照る「ホットフラッシュ」です。この症状が起こる要因となるのが女性ホルモンの低下なのですが、実はここにも腸内環境が関係しているといわれているのです。実は腸内細菌で悪玉菌が増加してしまうと、女性ホルモンに分泌を妨げる作用があるそうなのです。また、腸内細菌の減少も、ホットフラッシュを引き起こしやすくなる要因の一つとされています。

見た目を若く保つ

若く保つ

腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在しています。この2つの数の増減によって腸内環境のバランスが保たれ、見た目の年齢に現れてくるのです。見た目の年齢が実年齢より若く見られる人は、腸内のバランスが保たれている証拠。バランスを保つためには、善玉菌を増やしていかなければなりません。見た目の年齢だけでなく、人が長生きするためにも欠かせない腸内細菌、善玉菌についてまとめています。