菌活を成功させたいなら菌やエサになる食材を続けて摂取しよう

菌活は毎日の継続が大切

善玉菌

体にとって良い働きをする菌を取り入れ、腸内の善玉菌を育てることで腸内環境を整える菌活。菌活がうまくいくコツと、菌活に役立つ食材を紹介しています。

菌活を成功させるには

どうして菌活が大切なのか

そもそも腸内には、「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌(土壌菌)」の大きく分けて3つの腸内菌がいます。日和見菌が一番多いのですが、日和見菌は他に腸内にいる数の多い菌に味方するため、腸内環境を整えるには善玉菌が悪玉菌より多いことが重要になります。善玉菌を増やす活動(菌活)が腸内環境の健康維持には欠かせません。

菌活で摂取する菌は善玉菌と呼ばれ、現在までに約500種類ほどが確認されています。ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」や「ビフィズス菌」といった菌のほか、「納豆菌」や「酵母菌」、「麹菌」なども善玉菌の仲間です。

効果的な菌活って?成功させるための3つのコツ

①毎日続ける

どんなに多くの菌を摂取しても、時間が経てば消化されて体外に排出されます。摂取した菌が長時間体内に留まることはありません。菌のパワーを得るためには、「毎日コツコツと摂取すること」が重要です。特に善玉菌の代表ともいえる乳酸菌は体内にいる時間が長くないので、こまめにヨーグルトやチーズなどを食べると良いでしょう。

②複数の菌を摂取する

体にとって良い効果のある菌は何種類もあります。限定した食材ばかり食べると一つの菌しか摂れないだけでなく、栄養バランスが崩れることに。ワインのおつまみにチーズを入れたり、きのこを醤油で味付けしたりなど、バランスよく菌を組み合わせることで、相乗効果が期待できます。いろいろな組み合わせを試してみて、多くの菌類を摂取するのがベターです。

③腸内にいる善玉菌を育てる

善玉菌を含む食べ物を毎日摂れない方にオススメなのが、もともと腸にいる善玉菌を育てること。腸内細菌のエサになるプレバイオティクスを摂ることで、腸内を掃除して善玉菌の増殖を促してくれます。ひじきやごぼう、きのこなど食物繊維の多い食材を食べ、菌の活動をサポートしましょう。

菌活の中でも「育菌」が良い理由

いくら菌活をすると言っても、1日に食べられる食事の量には限界があります。毎日菌活を続けても、腸内に善玉菌が住みつかなければ環境は変わりません。だからこそ、体の中に元からいる菌を育てることが大切なのです。善玉菌を多く含むプロバイオティクスとエサになるプロバイオティクスを両方摂り、育菌を進めてみてください。

育菌をサポートする食べ物

体の中の菌を増やしてくれるオススメ食材は、きのこです。菌類で食物繊維が豊富なので、菌活に向いています。これまでの研究では、きのこ類をマウスに一定期間与えたところ、違うエサを食べたマウスよりも腸内に善玉菌が増えたと報告されています。

また、納豆に含まれる納豆菌は熱に強く、腸内で発酵を進めて善玉菌が増えやすい環境を作るのに役立ちます。そのため、悪玉菌の繁殖が抑えられるのもポイントです。また、味噌や醤油など馴染みのある調味料には麹菌が含まれていて、善玉菌のエサになり、腸内環境の改善を手助けしてくれます。

菌活するなら、この食材は控えよう

動物性脂質の多い食事が続くと悪玉菌が増えやすくなり、せっかく増やした善玉菌が減ってしまいます。悪玉菌は腸内のタンパク質などを腐らせて有害物質を発生させるため、腸内環境にダメージが。善玉菌が少なくなり悪玉菌が優位に立つと、腸内の有害物質が血液を通して全身に巡り、便秘や肌荒れ、疲労感など体に悪影響が出ます。

悪玉菌を増やす原因になる食べ物

動物性脂質の多い食事、バターやラード、カップラーメンなど

善玉菌をもっと詳しく!

善玉菌でメジャーな菌はこの2種類!
ビフィズス菌と乳酸菌

善玉菌をキープすることが腸内環境の健康に繋がります

まとめ

楽しみながら継続して菌活を楽しみましょう!

腸は、第2の脳とも言われている大切な臓器です。腸内環境を整えるためには毎日コツコツ継続して菌活を続け、健康を維持しましょう!