漬物で腸活をする際に押さえておくべきポイントとは

食べる発酵食品「漬物」が腸活にオススメ

漬物

皆さんは、最近「腸活」という言葉をよく耳にするということはありませんか?「腸活」とは、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善し、体の中から健康になることを目指す活動のこと。食生活を少し意識するだけで「腸活」ができるため、取り組みやすい健康法として脚光を浴びています。 腸活に役立つ善玉菌には、乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌などの種類があります。これらの善玉菌は、ヨーグルトやチーズ、漬物などの発酵食品に多く含まれているのが特徴。 今回は善玉菌を含む食品の中から、漬物を腸活に取り入れるメリットやポイントをご紹介します。

理由①
漬物は善玉菌の宝庫!食物繊維&乳酸菌が腸活にピッタリ

漬物2

ぬか漬けやキムチ、ピクルスなどの漬物が腸活に良いと言われている理由は、善玉菌の一種である「植物性乳酸菌」を豊富に含んでいるから。発酵させることで、野菜がもともと持っていた「植物性乳酸菌」を増やしています。 この「植物性乳酸菌」には、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれる「動物性乳酸菌」にはないメリットがあります。それは、「生きて腸まで届きやすい」ということ。

実は、「動物性乳酸菌」のほとんどは酸や高温などの厳しい環境で生きられず、腸にたどり着くまでに死滅しています。一方、「植物性乳酸菌」は胃酸や塩分に強く、生きたままの状態で腸まで届くのです。「植物性乳酸菌」が腸の中で活動し始めると、健康に悪影響を及ぼす悪玉菌の割合を減らします。その結果、免疫力アップ、代謝促進、便秘解消などの効果が期待できます。

野菜に含まれる食物繊維が一緒に摂れるのも、漬物ならではのメリット。なぜなら、食物繊維は善玉菌のエサになるからです。乳酸菌などの善玉菌は、食物繊維を食べることでさらに増殖していきます。漬物を食べることで、善玉菌と善玉菌のエサを同時に効率よく摂取できるでしょう。

理由②
どんな漬物が腸活に適している?選び方のポイントとは

漬物3

次に、腸活のための漬物選びのポイントについて解説します。実は、漬物の中には「浅漬け」や「即席漬け」など発酵していないものも。発酵していない浅漬けには、植物性乳酸菌が含まれていません。腸活のためには、きちんと発酵している漬物を選ぶことが何よりも大切。発酵している漬物は、ぬか漬け、麹漬け、たくあんなどが代表的。海外にも、キムチ、ザワークラウト、ピクルスなどがあります。

ぬか漬けも麹漬けも、ビタミンB群が豊富。ピクルスは、生野菜の酵素が一緒にとれるということで最近人気が高まっています。

市販の漬物を購入する際には、必ず成分表示をチェックすることをオススメします。添加物がたくさん使われているものは、発酵させていない即席漬けの可能性が高いので注意しましょう。

理由③
食べ過ぎると塩分の取りすぎに!腸活に漬物を使うときの注意点

漬物4

植物性乳酸菌や食物繊維を豊富に含む低カロリーな野菜の漬物は、一見メリットだらけに見えます。しかし、漬物は塩分も多く含む食品です。食べ過ぎると、塩分の取りすぎで生活習慣病のリスクが高まるので注意しましょう。

農林水産省が定めている一日の塩分摂取量は成人男性が9g未満、女性7.5g未満とされています。しかし、「21年度国民健康・栄養調査」結果によると、70%もの人が目標値を超える塩分を取っていることが判明。これは、日本食に塩辛いものが多いことが一因とされています。

ですから、腸活をする際にはヨーグルトやチーズなどの乳製品も一緒に取り入れつつ、バランスよく食べるように気を付けるのが大切です。

「生きて腸まで届く植物性乳酸菌」が豊富な漬物を食べて腸活しましょう

動物性乳酸菌よりも強い植物性乳酸菌をたくさん含む漬物は、とても優秀な食品。腸活にはぜひ取り入れたいですね。

ポイントは、必ず発酵している漬物を選ぶこと。浅漬けや即席漬けは発酵していないため、植物性乳酸菌は含まれていません。また、食べ過ぎると塩分過多になるので要注意。乳酸菌は長時間お腹の中に留まらないので、毎日少しずつ地道に食べるのが腸活のコツです。