腸活に役立つツボ押しをご紹介

腸活のためにはツボを正しく押すことが大切!

腸活に役立つツボ

近年、腸の働きを高めるために、ツボ押しが効果的と言われています。腸活のツボ押しが役立つ理由と、オススメのツボをまとめました。

ツボ押しをすることでどう役立つ?

腸を刺激してお腹の調子を整える

腸内環境が悪化すると、便秘を始めとする腸のトラブルが起こります。便秘が続くと腸内の悪玉菌が増加するため、まずは溜まっている便を体外に排出することが大切。そのために最も意識すべきことは食生活の見直しだと言われています。しかし、食生活だけでは解消が難しい場合もあるでしょう。そんな時に行いたいのが「ツボ押し」。物理的な刺激を与えることで腸の動きをサポートできます。直接アプロ―チできる点がツボ押しの魅力でしょう。食生活の改善にプラスして、ツボ押しを一緒に行うのがおすすめです。

ツボ押しは便秘の改善に効果的?

ツボ押しをすることで腸の動きをスムーズにする

ツボは全身に300個以上あり、押すことで人間に備わっている自己治癒力を高めてくれると言われています。また、臓器につながる神経が集まる反射区を押すことで、老廃物の排出をサポートする効果も。不調や症状の緩和が期待できます。便秘解消に良いとされているツボの他にもストレスや自律神経に関係するツボが複数あるため、さまざまなアプローチを試してみると良いかもしれません。

ツボ押しのポイント

あまり負担にならないように押すのが◎

ツボは主に神経が集中している箇所のことを指し、東洋医学でいうと「気」の流れを調整するところ。ツボを押すときはリラックスしながら呼吸に合わせ、ゆっくりと行うのが基本です。ツボを押すときに「痛ければ痛いほど効果がある」と言われることもありますが、これはあまり正しい認識ではありません。強く押しすぎると筋肉が緊張してしまったり、炎症を起こしたりすることがあるので、体に負担をかけない程度「痛きもちい」と感じる程度の力で押してあげましょう。

皮膚が柔らかくなったお風呂上がりがおすすめ!

お風呂上がりは皮膚が柔らかくなっていること、さらに血液循環も良くなっていることから、ツボ押しに最適なタイミング。湯船に浸かりながらでも同様の効果があるといわれているため、入浴タイムをツボ押しに当てても良いかもしれません。また、ボディクリームなどをつけると肌に余分な刺激を与えることなくツボ押しができます。加えて好みのボディクリームを使えば、腸にもアプローチできるしリラックスもできちゃう癒しの時間をつくれますよ。

腸活に役立つツボ4つ

大腸兪(だいちょうゆ)

背中の腰あたりにある腸の働きを正常化するツボで便秘改善はもちろん、下痢や冷え、ストレスにも効果があると言われています。ツボを見つけるポイントは、背骨と左右の骨盤のラインが交わるところを見つけ出すこと。背骨に沿って親指を上から下に這わせ、骨盤とぶつかった左右のところが大腸兪のツボになります。

天枢(てんすう)

へその左右にあり腸の働きを活発にします。腸内の不要なものを体外に排出するため、便秘解消やダイエットに効果的です。へそから左右に指3本分離れた場所にあります。天枢の場所を見つけたら、中指の腹で優しく押すと良いでしょう。

合谷(ごうこく)

合谷は、手の甲に位置しており親指の付け根の骨と人差し指の付け根の骨の真ん中にあります。手の筋肉を緩めながら行えば、リラックス効果も期待できます。

豊隆(ほうりゅう)

豊隆は、消化管の働きを助ける効果があります。位置は内くるぶしと外くるぶしを前側で結んだ線の中央。どちらの足でも構わないので、見つけたら押してみてください。

ツボ押しは腸を本来の状態に戻してあげること

まとめ

ツボ押しは、気の流れを調節し本来の腸の状態に戻してあげる行為です。悩みの解消につながるツボを押すという大変シンプルな方法ですが、外部からの刺激により腸の働きを助け、結果的に腸内環境の改善が期待できます。ただし、押したときに痛すぎると感じるのはあまり好ましくないやり方です。あくまで押していて気持ちの良いと感じる強さで押してあげると効果的でしょう。そして好みの香りのクリームなどを使用すると、腸活をしながらリラックスタイムも満喫できるためぜひ試してみてください。