菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

腸活や菌活で叶う体にいいとされる効果とは

菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル > 腸活効果で叶える。未来へ繋ぐ幸せな自分探し

腸内環境で叶える
未来へつなぐ
幸せな自分探し

腸活・菌活をすることによって腸内細菌のバランスを整え、腸内環境を改善することで、体の免疫力が向上し代謝も活発になるとされています。そのことによって、様々な健康効果が得られるといわれており、女性にとって嬉しい効果も多く期待できることが指摘されています。

PICK UP
本当の菌活、
腸活のおさらい

腸内環境を整えるためには、腸内細菌が善玉菌優位となるよう、腸活・菌活で善玉菌や日和見菌を増やしていく必要があります。日常的に腸活をしていくには、やはり食生活の見直しは欠かせません。そんな中、腸に良い食材として目にいきがちなのが、ヨーグルトなどの乳酸菌食品かと思います。ヨーグルトなどには、動物性乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が多く含まれていますので、腸活に活用する食品としてもちろん間違いではありません。

ですが、日本人の体質に合った腸活食品という点では、納豆や味噌など日本に古くからある発酵食品に含まれる、植物性乳酸菌などの方がおススメではあります。また腸活は、続けていくことこそが大事なポイント。長期にわたって菌と共存していくために、無理のない腸活を進めていきましょう。

PICK UP
腸内環境を整えて
期待できる効果とは?

「腸」というと便秘や下痢を思い浮かべる方も多いはず。しかし腸内環境改善はそれだけではありません。そこで、腸内環境を整えると日々の生活にどんな変化があるのかを調べてみました。

イライラ解消

イライラ解消

神経がイラだってしまう理由の一つに、腸内環境の悪化が挙げられています。それは、腸内細菌が作るビタミンが、脳内の伝達物質の合成に関わっているためです。体内でビタミンが不足してしまうと、脳内伝達物質が減って精神的にイライラしやすくなるそうです。そのため、菌活で腸内細菌を増やすことは、イライラの解消にも効果が期待できるのです。

すっきり睡眠

すっきり睡眠

腸の中では、腸内細菌が食べ物を分解し、脳内伝達物質の合成を行っています。その中には「セロトニン」というものがあります。そして、この「セロトニン」が体内で増えると、同時に「メラトニン」という物質も増えていくことがわかっています。「メラトニン」は睡眠に深く関わっていて、熟睡するためには欠かせない物質であるため、腸活が睡眠においても効果が期待できるのです。

ダイエット効果

ダイエット効果

腸内細菌の割合で一番多くを占めるのが、日和見菌(土壌菌)です。この日和見菌には「ヤセ菌」と「デブ菌」に分けることができ、肥満体型の人は「デブ菌」と呼ばれる日和見菌が多くなっているそうです。腸活をおこなうことで、日和見菌の中の「デブ菌」を減らし、痩せる体質に導く「ヤセ菌」を増やしていけば、女性に嬉しいダイエット効果も期待ができるのです。

つやつや健康肌

つやつや健康肌

腸内環境が悪くなると、腸で食べ物が分解されず、体に必要な栄養が吸収されにくくなります。すると体は栄養不足となり、肌も乾燥などトラブルを起こしやすくなるのです。そのため腸活をすることは、美肌作りにも効果が期待できるとされています。また、健康な肌には欠かせない「皮膚常在菌」を、洗顔や手洗いのしすぎで落としてしまうのも、肌には悪影響となります。

いつでも健康

いつでも健康

私たちの体には、外界から来る雑菌やウイルスに対抗し、体の健康を守る「免疫機能」が備わっています。腸は、この大事な免疫力を作り出す、大事な役割も持っているのです。ですので、腸内環境が悪化してしまうと、当然免疫力も低下してしまい、健康が損なわれる可能性が高まってしまいます。こうしたことから、体を健康に保つためにも腸活は有効なことといえるのです。

下腹部すっきり

下腹部すっきり

下腹のポッコリは、女性のお悩みの中でも上位に入るものだと思います。その要因として、腸内環境の悪化が挙げられています。腸内の悪玉菌が増えてしまうと、腸のぜんどう運動などが滞り便秘を引き起こしやすくなり、便が腸内に停滞してしまうので下腹がポッコリする、という悪循環が生まれます。そのため、腸活で腸内環境を改善し便秘の解消をおこなえば、下腹部のポッコリをすっきりさせることが期待できます。

火照りに勝つ

火照りに勝つ

女性の更年期症状で多いのが、体が急に火照る「ホットフラッシュ」です。この症状が起こる要因となるのが女性ホルモンの低下なのですが、実はここにも腸内環境が関係しているといわれているのです。実は腸内細菌で悪玉菌が増加してしまうと、女性ホルモンに分泌を妨げる作用があるそうなのです。また、腸内細菌の減少も、ホットフラッシュを引き起こしやすくなる要因の一つとされています。

見た目を若く保つ

若く保つ

腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在しています。この2つの数の増減によって腸内環境のバランスが保たれ、見た目の年齢に現れてくるのです。見た目の年齢が実年齢より若く見られる人は、腸内のバランスが保たれている証拠。バランスを保つためには、善玉菌を増やしていかなければなりません。見た目の年齢だけでなく、人が長生きするためにも欠かせない腸内細菌、善玉菌についてまとめています。