腸活で腸内環境を整えてダイエットに期待

期待できる腸活の効果

ダイエット効果

ダイエット効果

女性の多くが取り組んでいるであろうダイエット。食事制限や運動もダイエットに効果的ですが、実は腸活も肥満解消にはとても効果的なアプローチ法なのです。

痩せやすい体か太りやすい体かは腸内細菌のバランスで決まってくる

腸内細菌と肥満の関係~ダイエット成功の鍵は腸内のヤセ菌とデブ菌

女性にとって関心度が高いことの1つとして、「ダイエット」が挙げられます。理想のスタイルを目指して、運動や食事制限などを日々頑張られていると思いますが、基本的に痩せやすい人と太りやすい人がいるのは否めません。こうした個人差は、どうして生まれてくるのでしょうか。

その要因として、近年の研究で指摘されているのが、腸内細菌と肥満の関係性です。腸内細菌の一大勢力・日和見菌は、大きく2つの門(細菌群)に分類することができます。それが、ヤセ菌と言われる「バクテロイデス門」とデブ菌と言われる「フィルミクテス門」です。痩せやすい体の人は、腸内でヤセ菌の割合が多くデブ菌は少ない、という傾向にあるそうです。ですので、日和見菌の中でもヤセ菌を増やすことが、痩せやすい体作りの鍵となっているそうです。

食事を見直す前に腸内環境を見直そう★より効果的にダイエットをするには

腸活・菌活で、デブ菌とヤセ菌の比率を理想的な数でキープしていこう

よく食事制限をしても、なかなか痩せられない、というのもよく聞かれます。それはもしかしたら、腸内環境が影響しているのかもしれません。痩せやすい体を作るには、デブ菌とヤセ菌の比率が4:6であることが理想とされています。

これが逆となり、デブ菌の方が多くなっていると、同じ量の食事を摂ってもデブ菌が多い人の方が肥満になりやすい傾向である、という研究結果が報告されています。こうしたことから考えると、より効果的にダイエットをおこなうためには、食事の見直しよりも先に腸活・菌活をおこない、善玉菌や日和見菌を増やしていく事が望まれます。つまり、善玉菌優位な腸内環境では、日和見菌の多くはヤセ菌となりますので、その後に食事制限などをおこなうのがダイエットにはベストといえます。

リバウンドを防いで痩せやすい体を維持するには、腸内環境も良い状態でキープしよう

腸活・菌活を続けていく事は、理想のスタイルをキープしていく大事な条件

ダイエットを成功させても、リバウンドしてしまった…という方は多くいらっしゃると思います。そうです。せっかくダイエットしたのに、安心して運動などを止めてしまうと、たちまち体は元に戻るかそれ以上の脂肪を蓄えてしまうことがあるのです。腸活も同じで、せっかく腸内環境の改善に成功しても、それに安心して腸活を止めてしまうと、また腸内環境が悪化してしまう可能性も否定できないのです。腸内環境の悪化はデブ菌を増やす結果となり、リバウンドを招いてしまいます。痩せやすい体を作ったら、次の目標はそれをキープしていくことです。そのためには、腸活や菌活を止めてしまわずに、続けていく事で腸内フローラを健康な状態を保ち、肥満を遠ざけていきましょう。

デブ菌とヤセ菌のバランスを整える事は、女性の大敵・肥満を避ける有効な手段

腸内細菌が肥満とこんなに関係しているとは、知らない人の方が多いのではないでしょうか。腸活・菌活で腸内環境を整えるダイエット法は、無理なダイエットに比べ即効性は期待できないにしても、健康的にキレイに痩せることは大いに期待できるものです。また、続けていく事で太りにくい体になるので、リバウンドの危険性も低くなるのも、腸活によるダイエットの大きな魅力だと思います。

他の効果にも注目!

【特集】

ダイエットに!「おなか革命とは?」
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。