腸活で腸内環境を整えると免疫力がアップする驚きの実態

期待できる腸活の効果

いつでも健康

いつでも健康

私たちの体には、外界の病原体などから体を守る、自己防衛能力が備わっています。その自己防衛に、欠かせないのが「免疫細胞」で、その約70%が腸内で作り出されています。

体の内側で最も外界に触れる腸には、体を守る免疫細胞が多く集まる

腸内に入ってきたものの中に悪いものがないか、24時間免疫細胞がチェック

私たちが生活している環境には、体に良いものもあればウイルスや雑菌など、体に害を及ぼすものも含まれています。そんなものから体を守るべく、私たちの体には「免疫細胞」が備わっていて、体の健康を維持できるようになっています。

体の外側は常に外界に触れている状態ですが、数ある内臓の中で外界のものに最も多く触れる器官といえば、食べ物が入ってくる腸だと言えるのです。そのため、体にある免疫細胞のほとんどは腸内に存在するとされ、24時間体制で腸内に入ってきたものの中に悪いものがないか、チェックしているというわけなのです。もし悪いものがあれば免疫細胞が攻撃し排除することで、腸内で害を及ぼすのを防ぐ働きを担っています。

腸内環境の悪化は免疫力の低下を招く~腸活でいつでも健康な体を目指す

免疫力をアップして雑菌やウイルスに負けない健康な体を維持しよう

腸内には多くの免疫細胞が集まっているとお伝えしましたが、それはどこからか運ばれたものではなく、腸で作られているのです。体にある免疫細胞の約70%は腸内で作り出されているそうで、それらは腸を守っているだけではなく、血液などによって体中に運ばれ、体を病原体から守っています。

つまり、腸内で免疫細胞が多く作られれば作られるほど、体は全体的に免疫力がアップすることになるのです。免疫力が高まると、風邪をひきにくくなったり、アレルギー症状を軽減することも期待ができるとされています。逆に免疫力の低下は、体に病を引き込みやすくなり、アレルギーの悪化や重い疾患の引き金にもなり得るくらい、私たちにとって免疫は非常に大切な存在なのです。

日本の食卓を彩るキノコや海藻・根菜は腸活に欠かせない食物繊維の宝庫

日本人の腸内細菌には免疫細胞を生み出す能力がずば抜けて優れている

腸内の善玉菌には、免疫細胞を生み出す力があり、体の免疫力を高める作用があるとされています。よりたくさんの免疫を作るためにも、善玉菌のエサとなる食物繊維の補給は見逃せないところです。私たち日本人が古くからよく食べられていたキノコや根菜類、海藻類には、食物繊維がとても豊富に含まれています。ですが、実はその中の海藻類を分解することのできる腸内細菌は、日本人特有のものだそうです。そこからもわかる通り、他の国の人と比べ日本人に受け継がれてきた腸内細菌は、免疫力を向上させる能力に優れていることがわかってきているのだそうです。ただ、近年食生活の欧米化で、日本人の腸内環境も悪化しがちです。そのため、免疫力アップのため腸活が、勧められているのです。

薬に頼らず病気を予防するには腸活で免疫力を上げていきましょう。

体を健康な状態で保つためには、体の免疫力が高いことが望まれます。そのために、免疫細胞が作られる腸内を良好な状態にしておくことは、免疫力を向上しいつでも健康な状態に保つことに繋がります。日本人に受け継がれてきた腸内細菌を大事にすることも、免疫力を高め体を元気にするのに繋がるそうなので、お味噌汁などで食物繊維を補給していきましょう!

他の効果にも注目!

【特集】

免疫力を上げたいなら!「おなか革命とは?」
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。