腸活で腸内環境を整えてイライラ解消!

期待できる腸活の効果

イライラ解消

イライラ解消

ちょっとしたことでイライラすることが多くなった…。近頃そう感じるようになったあなた、もしかしたらそれは腸内環境が悪化しているサインかもしれません。実は気持ちのイライラも、腸と深く関係しているのです。

腸内細菌が元気な時は気持ちを明るくする「幸せホルモン」が多く分泌される

腸は「第二の脳」~腸内細菌が作り出す気持ちを左右する脳内物質

私たちの気持ちが明るく前向きでいる時、脳内には「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンや、やる気を起こすドーパミンが多く分泌されています。実は、これらの脳内伝達物質の合成には、腸が深く関わっているのです。腸で腸内細菌が合成するものの中に、ビタミンB群などがあります。

この腸内細菌が作ったビタミン類は、セロトニンやドーパミンの合成には欠かせないものです。ゆえにこれらの脳内伝達物質は腸内で合成されるため、腸は「第二の脳」とも呼ばれているのです。そのため、大事なビタミンを合成する腸内細菌が減少したり、悪玉菌が優位となるなど腸内環境が悪化してしまうと、セロトニンやドーパミンの分泌量も減り、気持ちがイライラしやすくなるといわれているのです。

環境の変化や過剰なストレスは気持ちだけではなく腸内環境もダウンさせる

イライラして落ち着かない、そんな時は腸内環境も落ち着いていません

進学や就職、結婚など、生活環境が大きく変わると、その変化に気持ちが落ち着かず、イライラしてしまうことが多くなりがちですよね。これは、環境の変化により過剰なストレスがかかることで、引き起こされることといわれてきました。もちろん、それは間違いではありませんが、その一方で腸への影響というのも、見逃せないポイントなのです。

環境の変化でこれまでの生活リズムが変わったり、食生活が変化したりすると、腸内細菌が減少しバランスが崩れる傾向にあることが指摘されています。腸内細菌の減少はビタミン類の不足に繋がり、結果として脳内の伝達物質の合成を妨げることとなりますので、どうしても気持ちがイライラしやすくなってしまうそうです。

女性ホルモンの減少もイライラしやすくなる要因の一つ

腸内環境が悪化してしまうと女性ホルモンの分泌も減少傾向になる

生理の前後であったり、更年期の症状としても、気持ちがイライラすることは多くあります。こうした女性特有のイライラ症状は、女性ホルモンの減少が要因となっているそうです。女性ホルモンの減少には加齢や、過剰なストレスがその原因といわれています。実はその他にも、腸内環境の悪化も女性ホルモンの減少に深く関わっているのだそうです。実は腸内で悪玉菌が増えすぎてしまうと、その作用によって女性ホルモンの分泌を抑制することが報告されているのです。そのため、腸活・菌活をおこなうことで、腸内の悪玉菌の量を減らし善玉菌や日和見菌を増やすことは、女性ホルモンの減少を抑制し、女性特有のイライラを改善するのに効果的とされているのです。

体の健康だけではなく心の健康にも腸内環境は大きく関わっています。

腸は「第二の脳」と呼ばれる通り、脳内の伝達物質の合成もおこなっていることがわかりました。そのため、腸内環境が良いということは、心身ともに健康な状態であることを示す証拠ともいえるのです。腸で気持ちが作られているというのは、なんだか不思議な感じがしますが、それだけ腸内細菌の働きが体にとって重要である、という証明にもなっているのです。

他の効果にも注目!

【特集】

イライラ解消に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。