菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

まずは腸の基礎知識!腸内フローラ(腸内細菌叢)について

菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル > 腸内フローラを学ぶ腸活基礎知識

腸内フローラを学ぶ腸活基礎知識

腸活基礎知識

腸内環境を改善するために腸活に取り組むのであれば、まず腸内フローラについて知っておくことも大切でしょう。そこでここでは、腸内フローラを構成している腸内細菌について、その働きや特徴などをご紹介するとともに、理想的なバランスについてなどもお伝えしていきます。

まずは知ろう!腸内にいる菌の種類

腸内細菌

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌(土壌菌)の3つのグループに分類することができます。腸活というと、この中の善玉菌を増やすことで腸内環境をよくする方法、と一般的には認知されていますが、実は日和見菌を味方につけることも、腸活には重要であることがわかっているのです。

腸内細菌の中で最も多種多様なのが、日和見菌(土壌菌)です。単独では善玉菌・悪玉菌のどちらにも属さないのですが、実はどちらか数の多いほうに味方をするという特徴を持っています。腸内細菌の大半を占める日和見菌が善玉菌の味方になれば、腸内環境をさらに良くすることができるのです。

フィルミクテス門

フィルミクテス門

日和見菌には、フィルミクテス門と呼ばれるグループがあります。この腸内細菌は通称「デブ菌」と呼ばれ、太りやすい人の腸内フローラに多いことがわかっています。

バクテロイデス門

バクテロイデス門

バクテロイデス門も、フィルミクテス門と同様に日和見菌のグループです。この腸内細菌は通称「ヤセ菌」と呼ばれ、この菌が多いと太りにくいとされています。

腸内細菌の善玉菌は、私たちの体を健康に保つための働きをしてくれています。食べ物から体に必要な栄養素を分解・吸収し、血液に乗せて全身に供給するだけでなく、脳内神経伝達物質の合成や、免疫力のアップにも貢献するなど、重要な役割を担っています。

ビフィズス菌

ビフィズス菌

善玉菌の一つであるビフィズス菌は、乳児期に母乳を飲むことで受け継がれます。腸内を酸性にし、大腸菌などの増殖を防ぐ働きを持っています。

乳酸菌

乳酸菌

善玉菌の代表格ともいえる乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを正常に整える働きがあり、死滅したものは他の善玉菌のエサとなることがわかっています。

悪玉菌は腸内において、便やガスなどの腐敗物質を作り出す役割をしています。けれどその数が増えすぎると、腸内に腐敗物質が溜まり、腸内環境を悪化させてしまいます。すると、老化を促進したり様々な病気を誘発したりと、体へ悪影響を及ぼすことがわかっています。

ウェルシュ菌

ウェルシュ菌

悪玉菌の1種であるウェルシュ菌は、土壌や水中に生息する微生物です。これが体内に侵入すると、下痢や腹痛といった症状が現れます。

ブドウ球菌

ブドウ球菌

ブドウ球菌、または黄色ブドウ球菌は、手の傷や肌荒れの部分などに多く存在するとされています。体に入って増殖すると、嘔吐・下痢・腹痛といった症状が現れます。

腸内環境を整える腸内細菌ってなに?腸内細菌と腸内環境

私たちの腸内環境は、腸内細菌のバランスによって作られています。ここでは、腸が働くためにどのくらいの腸内細菌が存在しているのか、また腸内細菌がどのように腸内環境と関係しているのかなどについて、ご紹介しています。

腸を整えるとよい理由整腸をすることで期待できる健康効果とは

腸内環境は、肉体的にはもちろん、精神的にも体に影響していることがわかっています。つまり腸内環境によって、私たちの体は健康的に保たれている、ということなのです。それでは、腸内バランスを整えることによって、どのような体に対するメリットを得ることができるのでしょうか。

誰もが認める理想的な腸とは?若々しく健康な人は、理想的な腸内フローラを持っている

体を若々しく健康的な状態に保つために重要なのが、腸内細菌のバランスが整っていることが必須となります。腸内フローラがきれいな状態でいるためには、理想的とされる腸内細菌の黄金比に近づくよう、腸活を行っていく必要があります。