菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

悪玉菌にはどんな種類や役割があるのかを調べました

悪玉菌の役割

悪玉菌

腸内細菌の一つ悪玉菌は、体に悪影響を与えるものとして知られています。でも、本当にそれだけなのでしょうか?それでは、悪玉菌の役割について、少し詳しく見ていきましょう。

悪玉菌とは

便秘とも深い関係がある★
悪玉菌は便や臭いガスを作り出す腸内細菌

悪玉菌とは、腸内で体に悪影響を与える細菌の総称です。数が増えすぎてしまうと腸内環境を悪化させることがわかっていて、私たちの体のいわば悪役として知られています。善玉菌が腸の働きを活性化させるのに対し、悪玉菌は腸の働きを低下させ老化を促進させる作用も指摘されています。また、たんぱく質を分解する際に腐敗物質を作り出す特徴があり、それが便や臭いガスとなっているのです。悪玉菌が増えると腸内に臭いガスが溜まりますので、おならが臭い人は腸内環境が悪化していると考えられるんです。

腸内で悪玉菌はどんな働きをしているのか

たんぱく質を腐敗させて分解するのが、悪玉菌の代表的な働き

悪玉菌は、腸内に入ってきた食べ物の中で、たんぱく質を分解する働きを持っています。ただ、善玉菌とは違い、たんぱく質を分解するために腐敗させる、という特徴を持っています。そのため、悪玉菌が合成するのは便やガスなど腐敗物質ということになるのです。悪玉菌が増殖してしまうと、この腐敗物質も多く作られすぎてしまいます。すると、免疫力が低下するとともに腸の蠕動運動も抑制され、便秘になりやすくなります。また、腐敗物質が溜まった腸内では、毒性のある有害物質も増えてしまい、それが腸に吸収され全身へと運ばれるため、体に様々な不調が出たり病気が誘発されたりしてしまうそうです。

悪玉菌が増殖してしまう原因は?

偏食やストレス、生活習慣の悪化も悪玉菌を増殖させる要因となる

腸内環境を悪化させる悪玉菌が増殖してしまうのには、食事もそうですが現代社会における生活習慣の悪化も、非常に深く関係しているそうです。悪玉菌が増えると便秘になる、という構図もありますが、逆に便秘になるから悪玉菌が増える、というケースもあるようです。生活習慣の悪化でストレスが過度にかかってしまうと、自律神経のバランスが崩れやすくなります。すると内蔵の働きが低下し、便秘になりやすくなるとされています。また、動物性資質の多い食事ばかりになると、腸内環境をよくする善玉菌が増えず、悪玉菌は伸び伸びと増えていけることになるそうです。

悪玉菌のラスボス?超悪玉菌「ETBF菌」

腸内細菌の研究で発見された悪玉菌よりも
悪影響のある超悪玉菌とは

近年の腸内細菌研究で、悪玉菌よりも体に悪性度の高い作用をする「超悪玉菌」と呼ばれる菌たちがいることがわかりました。その一つが「ETBF菌」です。この菌は、フラジリス菌という悪玉菌が勢力を増すと誕生し、腸内に炎症を起こす作用を持っています。悪玉菌が増殖すると大腸がんのリスクは高まりますが、ETBF菌の存在はそれ以上にがんのリスクを高めるのだそうです!まさしく「超悪玉菌」!怖いですよね。こうした超悪玉菌による健康リスクを避けるには、日ごろから腸内環境をよくするように、気を付けていくのが必須となります。

悪玉菌をもっと詳しく!

悪玉菌はこの2つに注目!
ウェルシュ菌とブドウ球菌

悪玉菌は増殖してしまうと非常に危険!
増えないように注意していきましょう

まとめ

悪玉菌も腸内細菌の一つとして、食べ物を分解するのに役立っていることがわかりました。ただその働きは、腐敗物質を作り出すという性質上、どうしても体への悪影響と背中合わせになっています。悪玉菌による健康リスクを高めるポイントは、悪玉菌が増殖して勢力を増してしまうこと。つまり健康な体を維持するには、悪玉菌の数をコントロールして、常に善玉菌優位の腸内フローラを保つことが大事になります。