黄色ブドウ球菌は肌トラブルの原因に

ブドウ球菌

ブドウ球菌には、体に良い作用をするものと悪い作用をする者もいるそうです。ここでは、悪玉菌に属する「黄色ブドウ球菌」について、どんな作用があるのかを調べてみました。

ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌とは

肌に常在しているブドウ球菌の中で、最も危険な悪玉菌所属の菌

私たちの肌には、ちょうどブドウの房が連なっているような形をした「ブドウ球菌」という常在菌が存在しており、主に肌に対して様々な働きをしています。その働きはブドウ球菌の種類によって、体にとって良い作用をするものと悪い作用をするものに分類することができます。黄色ブドウ球菌は、その中で悪い作用をする典型的な悪玉菌として知られていて、肌におできやニキビといった化膿性のトラブルを引き起こすばかりか、最悪の場合命にかかわるトラブルも引き起こしかねない、体にとって危険性の高い菌であることがわかっています。

黄色ブドウ球菌が及ぼす体への影響

ニキビなどの肌トラブルから命にかかわる感染症まで、
多くのトラブルの要因となる

黄色ブドウ球菌は、繁殖していく過程でとても強い毒素を作り出し、それが様々なトラブルを引き起こしていきます。肌の疾患で言うと、おできやニキビといった吹き出物も、黄色ブドウ球菌の毒素が影響しているとされていて、化膿性の疾患の原因菌と言われています。また、けがをして肌が傷つくと、黄色ブドウ球菌はその患部で活発に繁殖しやすいことがわかっており、けがを治りにくくさせる要因となっています。またさらに、その傷口から体の中に侵入して増殖を始めると、感染症など命にかかわる病気に発展することもあります。

黄色ブドウ球菌が好む、存在しやすい場所とは?

化膿している傷口は最も居心地の良い場所★鼻やのどにも存在

黄色ブドウ球菌が最も居心地が良くて増殖もしやすい場所というのが、けがをして傷ついた患部です。さらにその傷口が化膿していれば、絶好の繁殖場所となることがわかっています。そのため、梱包作業など常に肌が傷つくような仕事をされている人は、かなりの数の黄色ブドウ球菌を持っている可能性が高いのだそうです。それ以外では、鼻の中やのどの中といった場所にも存在することが多く、腸の中でも確認されています。また、肌に常在している菌でもあるので、不特定多数の人が触れるようなものに触れることで、手から感染するケースも少なくありません。

皮膚常在菌「表皮ブドウ球菌」との違い

「美肌菌」とも称される表皮ブドウ球菌は、
善玉菌に分類されています

ブドウ球菌には、黄色ブドウ球菌のように体に悪影響を与えるものばかりではなく、良い影響を与えるものもあります。その代表格が「美肌菌」とも呼ばれる「表皮ブドウ球菌」です。その働きは、肌を紫外線などの外部刺激から守り、健康な肌に欠かせない水分を逃がさないよう皮脂膜をつくって、肌のバリア機能を強化するという、美肌にとって非常に重要なもの。また、善玉菌に分類されるだけあって、同じく肌に存在する悪玉菌・黄色ブドウ球菌の増殖を抑制する作用も期待されています。

手洗いは必要だけど、あまり過剰になるとお肌に良いブドウ球菌まで無くしてしまう

まとめ

黄色ブドウ球菌は、増殖するとすぐに毒素を作り出すので、とにかく増殖させないようにするのが、体に悪影響を及ぼさないために重要だそうです。でも怖いからと言って、過度に手洗いなどを行ってしまうと、お肌に良い「美肌菌」まで除去してしまう可能性がありますので、注意しましょう。傷ができてしまったら、傷口はできるだけ清潔にし、化膿させないようにすることで、黄色ブドウ球菌の増殖は抑えられます。