菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

善玉菌にはどんな種類や役割があるのかを調べました

善玉菌の役割

善玉菌

腸の働きは、腸壁に広がる腸内細菌群である腸内フローラによって支えられています。その中でも、善玉菌にはどんな役割があるのでしょうか。

善玉菌とは

私たちの体を健康的に維持していくのに貢献している腸内細菌

私たちの腸内には、非常に多くの種類の腸内細菌が存在し、それらは大きく3つの種類に分類されています。善玉菌とはその3つのうちの1つで、腸内細菌の中で私たちの体を健康的に維持していくために、大きく貢献してくれている細菌群です。
善玉菌と呼ばれる細菌は、現在までに約500種類ほどが確認されています。その中で有名なものでは、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」があげられます。いずれもお腹の調子を整えるものとしてよく知られていて、スーパーなどでは、健康飲料やヨーグルトの売り場で、よく目にしていることと思います。
その他にも、「納豆菌」や「酵母菌」、「麹菌」なども善玉菌の種類としてあげられるものです。

腸でどんな働きをしてくれるのか

善玉菌が担っている腸内での役割とは

腸内にいる善玉菌は、食べ物が入ってくると主に糖類や食物繊維を分解し、栄養素を吸収します。善玉菌がおこなう分解は発酵によるもので、その際に有機酸という物質を合成します。この物質には、腸内の環境を弱酸性にする作用があります。腸内が酸性化すると、悪玉菌の増殖や病原菌の感染・活動を抑える効果が期待でき、蠕動運動も活発化することがわかっています。その他にも、ビタミンやホルモンの合成や、免疫力の向上といった体にとって良い影響を与える作用が確認されています。また、発がん物質の無毒化も指摘されるほど、善玉菌は健康に重要な役割を担っているのです。

どんなものから摂取できるの?

ヨーグルトや納豆など、発酵食品には善玉菌が多く含まれている

善玉菌を摂取するには、善玉菌が多く含まれる食べ物を食べることが望まれます。赤ちゃんが飲む母乳にはビフィズス菌が多く含まれており、赤ちゃんの腸内環境を整えていきます。でも大人の私たちが、母乳を飲むわけにはいきませんよね。乳酸菌やビフィズス菌などは、乳性発酵食品であるヨーグルトなどに多く含まれていることが有名です。また、日本人が昔から親しんでいる納豆やみそといった発酵食品にも、納豆菌や麹菌などといった善玉菌が多く含まれています。実はこういった日本食の発酵食品に含まれる菌のほうが、日本人の腸内環境には適しているともいわれています。

悪玉菌・日和見菌との関係性

腸内環境を左右する腸内細菌のパワーバランス~
善玉菌の理想的な立ち位置とは

腸内環境は善玉菌・悪玉菌・日和見菌(土壌菌)によって作られており、またそのバランスによってよい働きができるかどうかが決まってきます。体にとって良い状態を維持するのであれば、善玉菌が優位なパワーバランスをとるのが望まれます。しかし、数で言えば圧倒的に日和見菌のほうが多く、善玉菌が優位に立つことはちょっと難しいです。けれど、ここで注目したいのが日和見菌の特徴です。日和見菌は善玉菌と悪玉菌、その時にどちらか強いほうに味方する、まさに“日和見”する特徴があるのです。ですので善玉菌は、腸内において悪玉菌よりも多く、日和見菌を味方につけられる立ち位置でいることが、理想的とされています。

善玉菌をもっと詳しく!

善玉菌でメジャーな菌はこの2種類!
ビフィズス菌と乳酸菌

赤ちゃんの時をピークに減っていく
善玉菌をいかにキープするか、
それが健康のポイントです

まとめ

私たちの腸内は、胎児の時のゼロから始まっています。そこから産道でお母さんの腸内細菌を受け継ぎ、生まれてからはさらに母乳で乳酸菌を摂り入れていきますので、腸内は善玉菌が一番多くいる状態なのです。そこから年齢を重ねることで、徐々に他の菌も増えて善玉菌は数的に減っていきます。大人になって善玉菌の優位を保っていくには、善玉菌の摂取を続けることが大事だそうです。