ビフィズス菌は腸活で増やしたい善玉菌の一種

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、善玉菌に分類される腸内細菌です。お腹の調子を整えるのによい菌として馴染み深いビフィズス菌とは、いったいどんな働きを持った菌なのでしょうか。

ビフィズス菌

ビフィズス菌とは

善玉菌に属する腸内細菌の中で、
ビフィズス菌が一番腸内に多く存在している

ビフィズス菌は、1899年に赤ちゃんの便から発見された腸内細菌で、善玉菌に分類されます。実は腸に関する研究結果から、お母さんの母乳にはビフィズス菌が多く含まれていることがわかっています。母乳を通してまだ腸内細菌の数が少ない赤ちゃんの腸に摂り込まれ、免疫や体づくりに活躍しているのです。けれど、大人になるにつれ他の悪玉菌や日和見菌も多く腸内に住み着くようになりますので、善玉菌の数は徐々に減少していってしまいます。それでも、善玉菌の中でビフィズス菌が占める割合が一番多いのだそうです。

ビフィズス菌が持っている働き

酢酸を作り出していくことで、腸内環境を良好にしている

ビフィズス菌は腸内で、乳酸や酢酸といった有機酸を作り、腸内を酸性にたもって、悪玉菌の増殖などを抑える環境を作っています。この有機酸には強い殺菌力があり、腸のバリア機能である粘膜を保護する働きがあり、体の中に悪い細菌やウイルスが侵入するのを防ぐのに役立っています。特に病原性大腸菌O157の予防にも、ビフィズス菌が作り出す酢酸が有効であると言われているんです。また、酢酸のほかに葉酸などのビタミンB群を合成するのも、ビフィズス菌が持っている働きの一つです。こちらも免疫機能に影響する栄養素ですので、感染症の予防にとても有効なのだそうです。

どうしたらビフィズス菌が摂取できる?

赤ちゃんはお母さんの母乳から、
大人はヨーグルトやサプリメントで

赤ちゃんが飲むお母さんの母乳には、多くのビフィズス菌が含まれていることがわかっています。そのため、まだ作られて間もない赤ちゃんの腸内フローラは、ビフィズス菌の数が多いのだそうです。でも体に必要な栄養の摂取が、母乳から食べ物へと移行していけば、当然ながら母乳からのビフィズス菌摂取はできなくなります。それに替わってビフィズス菌の摂取に適しているものとして有名なのが、ヨーグルトとサプリメントです。より効果的に腸までビフィズス菌を届けるためには、胃酸の影響が少ない食後に、エサとなる食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂取するのがおすすめです。

同じ善玉菌の代表格★乳酸菌との違い

似ているように思うけれど実はちょっと違うビフィズス菌と乳酸菌

善玉菌というと、ビフィズス菌に並んで有名なのが乳酸菌です。スーパーなどに行ってみると、同じような乳製品のコーナーでよく目にするワードなので、似たようなものなのかな、と思っている人も多いと思います。ですが、似たように思えるこの2つにも、違いがあるんです。どんな違いかと言えば、腸内(特に大腸)に存在する数は圧倒的にビフィズス菌のほうが多く、乳酸菌が分解(発酵)するのが乳酸であるのに対し、ビフィズス菌は乳酸に加え酢酸も作り出すという相違点があるとされています。

腸内環境を酸性にして正常な働きを
支えるビフィズス菌は、
きれいな腸内フローラの下地

まとめ

産道でお母さんの腸内細菌を分けてもらう以外で、まず赤ちゃんの腸内環境を作っていくために摂取されるのが、母乳に含まれるビフィズス菌です。そのため、大人になっても大腸に一番多く存在している善玉菌は、ビフィズス菌となっているのだそうです。腸内を酸性にして環境をよくする働きもありますし、まさにきれいな腸内フローラの下地となっている大事な菌、と言えますね。