乳酸菌の働きとは?腸活で増やすための方法を紹介

乳酸菌

腸内で善玉菌として活躍している乳酸菌とは、体にどんな働きをしている菌なのかについて、その特徴などをご紹介しています。

乳酸菌とは

腸で糖類から乳酸を合成する善玉菌の総称

乳酸菌とは、腸内において糖類から乳酸を合成している腸内細菌の総称です。このことからもお分かりいただけるよう、乳酸菌にはたくさんの種類があり、それぞれが体に良い作用をしているとされています。乳酸菌は主に牛乳や乳製品に含まれているのですが、一部の発酵食品にも含まれているのが特徴です。その含まれるものによって、動物性・植物性に分類することができるのも、乳酸菌の特徴と言えるかもしれません。腸内環境をよくする善玉菌の代表格として、特に便秘の改善に高い効果が期待できることから、多くの女性に注目されている菌です。

乳酸菌は、腸でどんな働きをしているのか

腸内環境をよくすることで、
便秘やアレルギー症状の改善に期待が持てる

乳酸菌には、腸内で乳酸という栄養素を作り出す働きがあり、それが腸内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境をよくする効果につながるのだそうです。また、腸内環境をよくするということは、きれいな腸内フローラによって腸が正常に機能するということ。消化吸収力だけではなく、便を体外へと押し出す蠕動運動を活発にさせ、免疫力をアップさせる効果も期待できるのです!そのため、便秘の改善が行われやすくなり、花粉症などのアレルギー症状の軽減、インフルエンザなどの感染症の予防なども、乳酸菌の働きとして期待できるものとなっています。

乳酸菌を効率よく摂取するには

乳酸菌は発酵食品や、自然界に幅広く生息している

乳酸菌は、自然界に幅広く生息している菌とされます。けれど、効率よく乳酸菌を摂取するとなると、やはり乳酸菌が豊富な乳酸菌飲料などの乳製品、みそやお漬物のような発酵食品などで、口から体内に摂取していくことがおすすめです。ただ、乳酸菌は体に良いからと、せっかく乳酸菌の多い食べ物を多く摂取したとしても、実は3~4日で体外に排出されてしまうのだそうです!ですので、腸内の乳酸菌量をキープしていくには、毎日乳酸菌が豊富な発酵食品を食べ続けることが大事なポイントであり、一番効率よく乳酸菌を摂取していく方法となります。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

乳酸菌には植物性のものと動物性のものがあって、
それぞれに特徴があります

腸内環境をよくする乳酸菌には、植物性のものと動物性のものがあります。動物性乳酸菌は、牛・羊・やぎなどの乳に含まれる乳酸菌で、ヨーグルトやチーズなどに含まれています。植物性乳酸菌は、大豆などの植物を発酵させる際に活躍する乳酸菌で、納豆やみそ、漬物に含まれています。動物性乳酸菌は胃酸に弱い特徴があり、そのため生きたまま腸に届くことが難しく、ほとんどが死滅してしまうのに対し、植物性乳酸菌は過酷な環境でも生きられるという特徴を持っています。そのため、生きたまま腸にたどりつける乳酸菌として知られていて、日本食が見直される理由の一つともされているのです。

乳酸菌の特徴を知ることで、上手に腸内に乳酸菌を補給していくようにしよう

乳酸菌を上手に腸内フローラに加えて、腸内環境をよくしていくためには、ただ乳酸菌を摂取するだけでは効率が悪かったのですね。動物性と植物性の違いと特徴を知れば、より効率よく乳酸菌を摂取できるはず。それに漬物やみそ、納豆など日本人には馴染み深い植物性乳酸菌は、お母さんから代々受け継がれていると考えられます。そのため、日本人の腸には植物性乳酸菌が適している、とも言われています。