理想的な腸はどのようなものかをご紹介

理想的な腸とは

腸は、私たちの生命維持装置ともいえる重要な働きをしている器官です。そんな腸を最も効果的に機能させるためには、腸内細菌のバランスがとても重要になってくるようです。

理想的な腸とは

もしかしたら一番大事?生命を支える腸の働き

腸を正しく働かせるには、
腸内フローラがキレイであることが絶対条件

食べ物から栄養素を吸収する、免疫力を向上させるなど、腸は体にとって重要な役割を担っている器官です。その働きは、生命活動を維持するために必要なものばかりで、まさに体の「生命維持装置」といっても過言ではないかもしれません。そんな体にとって重要な腸を機能させているのは、腸内に1000兆個は存在しているという、多種多様な腸内細菌群なのです。つまり、腸を正しく働かせるには、腸内細菌が重要なカギを握っていて、腸壁に広がる腸内フローラがキレイでバランスが良いことが、絶対条件となっています。

腸内細菌は3種類★それぞれに特徴を持っています

腸内では、3種類の腸内細菌がお互いに影響しながら働いている

約200種類1000兆個にも及ぶ腸内細菌は、その働きによって3つの種類に分類されています。それが「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(土壌菌)」です。一般的には、善玉菌と呼ばれる腸内細菌は、体にとって良い作用を持っているとされ、逆に悪玉菌と呼ばれる腸内細菌は、体にとって悪影響を与えるものとされています。しかしその2つよりも腸内で多くの数を占めているのが、日和見菌(土壌菌)です。この腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌どちらか優位になったほうに味方をして作用する、といった特徴があります。この構図を選挙に例えるなら、日和見菌は無党派票といったところになるでしょう。

腸内フローラが一番理想的になる黄金比

善玉菌も悪玉菌も日和見菌も、
バランスよく存在してこそ腸を活発にする

その働きだけ見ていると、善玉菌がいっぱいあって悪玉菌がない腸が一番理想的なのでは、と思ってしまいますよね。でも実は、悪玉菌も確かに必要な働きをしているのです。腸の働きの一つに食べ物の分解があるのですが、善玉菌は糖類を悪玉菌はたんぱく質を分解するという、異なった働きがあるのです。ただ、悪玉菌はたんぱく質を分解するとき腐敗物質を作り出すので、多すぎると体に悪影響を与えることになるため、少ないほうが良いとされています。そうしたことから、腸内フローラが一番きれいで理想的な比率は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7とされ、これが腸内フローラの黄金比ともいわれているのです。

年齢とともに腸内フローラは悪玉菌優位に傾く

黄金比をキープするために、
腸内フローラに良いこと・悪いことを知っておこう

腸内フローラの比率は、年齢によって変化していくことが腸の研究によってわかっています。腸内細菌を母乳から摂取している赤ちゃんは、善玉菌優位のきれいな腸をしています。けれど、成長していくにつれ母乳以外に様々な食べ物を摂取できるようになり、さらに多くの細菌に触れるようになってくると、徐々に悪玉菌が増えてくるようになります。さらに大人になると、ストレスや食生活・生活習慣の乱れなどから、一段と悪玉菌が増える人が多くなってくるのです。できるだけきれいな腸内フローラを維持するためには、腸内フローラにとって良いこと・悪いことを知って、改善を心がけることが大事になってきます。

全部を変えることはできないけど、対策を続けることで環境悪化を防ぐことは可能

まとめ

腸内環境(腸内フローラ)を理想的に保つには、善玉菌が優位のバランスをキープすることが大事になります。けれども、現代社会を生きる大人にとって、それは難しいことかもしれません。それに、乳幼児期にほぼ決まってしまう腸内環境を、一から全部変えることはできません。でも、それが叶わないとしても、腸活対策を行っていくことで、腸内環境を悪化させることを防いで、改善方向に導くことはできるそうですよ!