菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル

日和見菌にはどんな役割や種類があるのかを調べました

日和見菌
(土壌菌)
の役割

日和見菌

善玉菌・悪玉菌と共に腸内フローラを構成しているのが日和見菌です。腸内細菌の実に7割を占める日和見菌は、腸でどんな役割を持っているのでしょうか。

日和見菌とは

多種多様な日和見菌によって、
その人独自の腸内フローラを構成する

日和見菌は、腸内細菌の実に7割を占めているグループで、“日和見”という名の通り、腸内で善玉菌・悪玉菌どちらか優勢となったほうに味方をし、味方の作用をサポートするような働きをする腸内細菌です。実はこの日和見菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの腸には存在していません。日和見菌の増殖は、離乳食が始まった以降におこなわれるようになり、食べ物以外にも土や動物に触れることによって、多種多様な日和見菌が摂取されていくようになります。それが腸内で共存しあって、その人独自の腸内フローラを構成していくのです。

良いことも悪いことも★日和見菌が体にもたらす働き

日和見菌に体に良い働きをさせるためには、
善玉菌の味方にするのが大事

日和見菌自体はほぼ無害であることが多いのですが、善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢なほうに味方をして、味方をしたほうの働きをサポートする特徴があります。ですので、体にとって良い働きをすることもあれば、悪い働きをすることもあるのです。腸内細菌の多数派である日和見菌を上手に活用するには、良い作用をするように善玉菌を優位な状態に保つ必要があります。また、その人独自の腸内フローラを構成する日和見菌は、その人の体質を作るのに大きく影響するといわれています。例えば、太りやすい体質、というのも日和見菌が関係しているのがわかっているんです。

日和見菌はどうやって摂取する?

自然界に幅広く存在する日和見菌は、食べ物以外からも摂取できる

日和見菌は土壌菌ともいわれ、土や植物、動物などに触れることでも体に摂り入れることができます。きれいな腸内フローラを作るためには、できるだけ多種多様な菌を摂り入れることが理想的と言われています。実は、幼児期に土や動物に触れる機会が多かった人は、機会が少なかった人に比べ腸内環境が良く腸が活発に働いていることが、研究によってわかっています。このことから、幼児期に動物園に行くことも、良い腸内フローラを作るために勧められてもいます。また、発酵食品などは日和見菌と善玉菌を同時に摂取できる、おすすめの食べ物だそうですよ。

多数派の日和見菌を味方につけて、健康にも美容にも良い影響を★

善玉菌を増やすと同時に、
味方となる日和見菌も増やしてより体にうれしい効果を得よう

腸内細菌の多数派である日和見菌を味方にし続けるためには、善玉菌優位の腸内環境をキープする必要があります。そのため、善玉菌の積極的な摂取が求められることになるのですが、と同時に味方となる日和見菌も増やせるよう、同時に摂取することが、体の健康維持のためにはお勧めとなるそうです。また、日和見菌の種類によって、痩せやすい体をゲットできる可能性があることが、近年の研究でわかってきています。健康にとっても美容にとっても、日和見菌を上手に活用することで、うれしい効果を手に入れることが期待できるのです。

日和見菌をもっと詳しく!

主な日和見菌はこの2種類!
フィルミクテス門とバクテロイデス門

私たち一人一人に違う腸内フローラは、
腸にいる日和見菌の多種多様さで
決まっていた

まとめ

私たちの腸内フローラは、指紋と同じく一人一人違っていて独自のものだそうです。こうした違いができるのは、腸内細菌の日和見菌の多種多様さが、人によって違うからだそうです。そして日和見菌が、体質にも影響しているとは驚きです。特に女性にとって見逃せないのが、太りやすい・痩せやすい体質も、日和見菌によって決まっているかもしれないということ!その働きをよく知って、ぜひ役立てたいものですよね。

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます