バクテロイデス門はヤセ菌と呼ばれる日和見菌

バクテロイデス門

日和見菌の中でも、善玉菌に味方しやすいグループとされているのが「バクテロイデス門」です。善玉菌の味方だけあって、体にうれしい働きをするバクテロイデス門とは、いったいどんな菌なのでしょうか

バクテロイデス門

バクテロイデス門とは

痩せやすい体質を作り出し、体に良い影響を及ぼす日和見菌

バクテロイデス門とは、多種多様にある日和見菌(土壌菌)の中で、善玉菌の味方になりやすいグループとされています。悪玉菌に味方するフィルミクテス門が「デブ菌」と呼ばれているのとは反対に、バクテロイデス門は「ヤセ菌」と呼ばれ、痩せやすい体を作る腸内細菌であることがわかっています。そのため、肥満を予防・解消していくのに、ぜひ腸内で増やしていきたい細菌グループと言われているのです。また、肥満を改善していくのは、糖尿病など肥満が関係する様々な病気の予防にもつながりますので、健康面から考えても重要な菌であることがお分かりいただけるかと思います。

バクテロイデス門がもたらすうれしい効果とは

短鎖脂肪酸の働きで、
リバウンドのリスクがほとんどない減量が可能に

バクテロイデス門には、短鎖脂肪酸という物質を合成する働きを持っています。この短鎖脂肪酸は、体に余分な脂肪が蓄積されるのを抑える働きと、エネルギー代謝を向上させる働きがあります。つまり、太りにくい体を作るのに非常に重要な役割を担っている物質を、ヤセ菌であるバクテロイデス門は作り出しているのです。こうして、体質そのものを痩せやすい状態へと導くので、ヤセ菌によるダイエットはリバウンドのリスクがほとんどないとされています。また短鎖脂肪酸には、アレルギーの発症を抑える効果や、免疫力を向上させる効果なども期待できるとされています。

ヤセ菌であるバクテロイデス門を増やす方法

発酵食品など、
食事でエサとなる食物繊維と一緒に摂取するのがベスト

痩せやすい体を作ってくれるバクテロイデス門を増やしていくためにポイントとなるのが、外からの摂取と育成です。そこで注目したいのが、納豆やぬか漬けなどの発酵食品です。これらには日和見菌はもちろん、短鎖脂肪酸を作るビフィズス菌や、腸内で日和見菌のエサとなる食物繊維も同時に摂取することができます。しかし近年では食生活が欧米化し、食物繊維の少ない肉中心の食事に偏り、ヤセ菌が好む環境とは言えないのが現状です。腸内環境を良くして太りにくい体質をゲットするには、こうした発酵食品を日常的に摂取できる、和食中心の食生活が有効だといえるのです。

短鎖脂肪酸は腸内で作られることが理想的

分解されやすい短鎖脂肪酸は、
バクテロイデス門に腸内で作ってもらおう

このように、体を痩せやすい体質に導くには、バクテロイデス門が作り出す短鎖脂肪酸の働きが欠かせません。しかしこの短鎖脂肪酸には、口から直接摂取するとすぐに分解され、せっかくの効果が得られなくなるという特徴を持っているのです。そのため、短鎖脂肪酸は外から摂取するというよりは、体の中でバクテロイデス門に作ってもらうことが、一番理想的にその効果が得られることになるのだそうです。また、腸内細菌によって作られた短鎖脂肪酸には、効果の持続性が期待できるというメリットも!ですので、痩せやすい体づくりには、バクテロイデス門を育てて増やしていくことが大事になってくるのです。

太りにくく痩せやすい、
そんな憧れボディも腸内環境の
改善でなれるかもしれない

まとめ

腸内環境を整えて、ヤセ菌を増やしていくことで、リバウンドの心配がないダイエットが可能になるなんて、本当に驚きです。これは長年ダイエットに苦労してきた人にとって、朗報と言えることかもしれません。ただし、ヤセ菌が活躍できる腸内環境は、油断してしまうとすぐに崩れてしまう可能性があります。痩せやすい体から太りやすい体に変わってしまわないよう、食事や生活習慣に気を付けて、腸活を続けていきましょう。