日和見菌の一種デブ菌と呼ばれるフィルミクテス門

フィルミクテス門

多種多様な日和見菌は、いくつかのグループに分かれており、その一つが「フィルミクテス門」です。このグループは腸内で、女性にとって見逃せない、困った効果をもたらしているのです。

フィルミクテス門

フィルミクテス門とは

太りやすい体質な人の腸にはフィルミクテス門が多い

フィルミクテス門とは、腸内細菌の多数派である日和見菌の中で、悪玉菌の味方になりやすいグループとされています。日和見菌は腸内フローラを構成する上で、その数と種類の多さでその人独自のお花畑を作る大事なキーパーソンになっています。つまり、その人の体質を決めるのは日和見菌、と言っても過言ではない、ということなのです。実はこのフィルミクテス門は、別名「デブ菌」とも呼ばれるほど、肥満の原因になることが近年の研究で分かってきました。「水を飲んでも太ってしまう…。」そんなお悩みを持っている方は、腸内フローラにフィルミクテス門の日和見菌が多い可能性があるんです。

フィルミクテス門が腸内でおこなっている働き

悪玉菌の味方と言われるフィルミクテス門は、脂肪吸収を高める

フィルミクテス門は、日和見菌の中でも悪玉菌に味方しやすいグループとされ、体にとってはあまり好ましくない働きをしてしまいます。それが、太りやすい体質づくりです。フィルミクテス門には、本来であれば体外へと排出されるべき脂肪を、体に吸収してため込むという働きを持っているのです。そのため、別名として「デブ菌」と呼ばれ、肥満になる原因ともされています。また、太りやすい体質の人の腸を調べたところ、このフィルミクテス門が多く存在していることが明らかになっています。ですので、ダイエットの成功を左右するのは、もしかしたらカロリーや糖質だけではなく、腸内環境に他ならないのかもしれません。

フィルミクテス門の日和見菌はどんなものに含まれている?

肉や油が大好きなデブ菌は、
高脂肪・高糖分な食事を続けると増えていく

フィルミクテス門である日和見菌は、悪玉菌に味方しやすい性質のため、腸内環境が悪化し悪玉菌が増殖すると増加する、ということがわかっています。その他にも、フィルミクテス門の日和見菌が腸内で増えてしまう要因に挙げられるのが、食事の内容です。デブ菌と呼ばれるフィルミクテス門は、肉や油、甘いものが大好物です。そのため、高脂肪・高糖分の食事を続けると、腸内にフィルミクテス門が増加することが、研究結果としても判明しています。例えば、ハンバーガー+フライドポテト+甘いジュースの組み合わせは、デブ菌の増加を招く典型例といえるでしょう。

加齢もデブ菌を増やす要因

若い頃より痩せにくい、
それは腸内環境が悪化しているサインかもしれません

年齢を重ねるにつれて、体重が落ちにくくなったと感じる方は、とても多いと思います。若い時はすぐに体重をコントロールできたのに、今では同じ方法でダイエットしても、全然痩せない…。実はそこにも腸内環境が大きく関係しているんです。私たちの腸は加齢により、その動きが鈍くなっていくことがわかっています。それが便秘を招き、腸内環境を悪化させることにつながるのです。また女性の場合、加齢でホルモンバランスが乱れやすく、腸の動きを鈍くさせていることも分かっています。これらのことから、年齢が上がると腸内環境が悪化しやすくなり、結果的にデブ菌が増え太りやすく痩せにくい体質になる可能性が高くなってしまうのです。

腸内環境をよくしていくことが、デブ菌を減らしてダイエットを成功へと導く

まとめ

いろいろなダイエット法を試しても、なかなか結果が出ない…。そんな時に見直したいのが、腸内環境の状態です。腸内環境を改善することで期待できるのは、便秘の解消によるダイエット効果。これはとてもよく知られていることだと思います。でもその他に、デブ菌であるフィルミクテス門を減らし、太りにくい体を作る効果というのも見逃せません。ダイエット成功を目指して、ぜひ腸活にトライしてみるのもアリですよ!