50歳からの腸活で気をつけること

菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル > 菌活にプラス。腸活にまつわるウソホント > 50歳から気をつけたい!腸活のための食生活とは?

50歳から気をつけたい!腸活のための食生活とは?

50歳からの腸活

私たちの体は、年齢を重ねることによって変化しています。つまり腸活も、年齢にあった方法で行うのが理想です。そこでここでは、50代にあった腸活の食生活についてご紹介していきましょう。

50歳以降に訪れる体の変化

更年期の訪れとともにホルモンのバランスが変化する

40代後半から50代に訪れるのが、更年期という時期です。この年代になると、これまで盛んだった女性ホルモンの分泌が低下傾向になり、ホルモンのバランスが劇的に変化します。すると、体にも精神的な面でも様々な不調が表れやすくなるのです。いわゆるそうした更年期障害の他にも、筋力の低下や老化の進行も、この年代を境にまたぐっと進んでしまうのです。実はこうしたホルモンの変化によるトラブルの改善にも、腸活がとても有効となるのをご存知でしょうか。腸は栄養を吸収するだけでなく、神経伝達物質など様々なものを合成しています。ホルモンもその一つですので、腸内環境を改善することでホルモンの分泌を促し、体調の変化も改善する期待が持てるのです。

50歳からの腸活に適した食事とは?

ブドウ糖よりもオリゴ糖。
水溶性の食物繊維と発酵食品もたっぷりと

50代の胃腸の働きは、若いころに比べると、どうしても低下しています。ですので腸活を行う際は、腸の働きを低下させないように、消化の良い食事を心がけましょう。また腸を元気にするには、白米などに含まれるブドウ糖よりもオリゴ糖が有効な栄養素となってくれるそうです。オリゴ糖は、玉ねぎやゴボウなどに含まれていて、特に納豆などの大豆食品にも豊富だそうです。また、若いころに比べ50歳以降の腸内細菌は減少傾向になります。ですので腸内細菌を増やすために、発酵食品やえさとなる食物繊維をたっぷり摂取できる食生活がおすすめになります。また、ブドウ糖も脳の健康のためには必要なので、消化の負担にならないよう少量をよく噛んで食べるとよいでしょう。

食事以外でおススメする50歳からの腸活

リラックスをすることも、腸の働きを助ける大事な腸活

若々しい体を保つためには、若々しい腸内環境が必須と言えるそうです。体に必要な栄養素を吸収するためにも、性ホルモンの分泌量を安定させるためにも、腸活で腸内環境を整えることが求められるのですが、50歳以降になると筋力の低下などにより腸の機能が低下しており、ストレスなど精神的な緊張にも、より反応しやすくなっています。ですので、食事などの改善に腸活として加えたいのが、心身のリラックスです。ただ、ストレス社会である現代において、ストレスを全くなくすというのは無理というもの。そこで簡単なリラックス法としておススメしたいのが、1回1分の深呼吸をすることです。朝起きた時や夜寝る前などに行うことで、体の緊張を緩めてあげましょう。

50歳以降も若々しく!
そのためには腸の若返りが一番

まとめ

加齢は誰にでも訪れますが、できればいつまでも若々しくありたいものですよね。体を若々しく保つためには、腸が活発に機能してくれることが重要となります。しかし、50歳を超えると腸内細菌も減少傾向となり、機能も衰えていきます。ですので、20歳・30歳の頃と同じケアでは、負担が大きすぎる場合があります。その時の体調にあった腸活こそ、より効果を引き出すものとなるのです。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。