腸に悪い食べ物をズバリ調べてみた

菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル > 菌活にプラス。腸活にまつわるウソホント > 腸活で避けるべき食材とは?腸に悪い食べ物を調査!

腸活で避けるべき食材とは?

腸に悪い食べ物を調査!

腸活において、食事は大切です。特に食品添加物は、腸活をするうえで避けたほうが良い食材として、真っ先に挙げられています。

食品添加物ってどんなもの?

知っているようで知らない、食品添加物とはどんなものなのか

食品添加物とは、食品を加工・製造するにあたって、保存性や品質などを向上させるために添加するもののことを言います。一般的には、保存性の向上のために使われる酸化防止剤や、品質の向上に使われる乳化安定剤・結着補強剤などを、食品添加物としてイメージされる方が多いと思いますが、広い意味では調味料や香辛料なども食品添加物に当たるのだそうです。調味料や香辛料は、天然由来のものが多いので、その他の加工された添加物に比べて、あまり同じものとして認識されないのかもしれませんね。こうした食品添加物は、日本で販売されている食材の多くに使用されていて、特に保存料は食品の日持ちを向上させるのに、重宝されていると思います。

避けるべきとされている理由

腸活をするにあたって避けたほうが良いといわれる理由とは

腸内環境を改善させるために行う腸活において、食品添加物の摂取はなるべく避けたほうが良いとされる理由は、腸内細菌を減少させる要因となっている可能性があるからです。この可能性が指摘されているのは、人工的に加工された食品添加物で、腸内細菌の減少以外にも、腸内の粘膜に炎症を起こす作用もあるとされています。そのため、腸粘膜に穴が開くリーキーガット症候群の引き金になるなど、腸内環境を悪化させる要素をたくさん持っていて、体に悪影響を与えるといわれてきているのです。また食品添加物にまつわる体への影響の中には、発がん性など重篤な病気の発症リスクを高める、といった作用が指摘されています。

食品保存料の影響は一過性?腸内細菌の順応力

これからの研究が待たれる、食品保存料と腸内細菌の関係

食品添加物を多く摂りすぎるのは、体に悪影響を与える行為と言われてきましたが、近年の研究によってその定義は確かに揺らいできています。実はアメリカの研究チームが、マウスを使って保存料(化合物)と腸内細菌の関係性を調べたところ、保存料を摂取し始めたときは腸内細菌が混乱し乱れたが、その後は回復し元の状態と同程度に戻った、という結果が出ました。つまり、食品添加物のすべてが腸内細菌に悪影響を与えるわけではない、ということがわかってきたのです。これは食品添加物の多い現在の食環境で腸活をする人にとって、朗報と言えることかもしれません。ですが、食品添加物と腸内細菌の関係についてはまだ解明されていないことも多く、これからの研究が待たれるところです。

自然なものを中心に食べるのが理想だが、むやみに食品添加物を怖がらなくて良いみたい

まとめ

腸内の善玉菌や日和見菌の数を増やしていく、菌活・腸活を行うのであれば、やはり無添加で自然な食材を多く摂取するのが理想的です。ですが、私たちの周りを見れば、食品添加物はあふれている状況です。そんな中、食品添加物のすべてを嫌う必要はないという研究結果は、腸活をするにあたってとても心強い情報です。腸活は続けることが肝心ですので、神経質になりすぎなくて済むのはありがたいですよね。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。