便の大きさが幸せに影響するメカニズムを調べてみた

菌を増やして毎日笑顔!腸活完全マニュアル > 菌活にプラス。腸活にまつわるウソホント > 大きいウンコは幸せになる?便の大きさに隠された秘密とは?

大きいウンコは幸せになる?便の大きさに隠された秘密とは?

便の大きさ

腸が第二の脳と呼ばれる理由は、脳内の神経伝達物質を合成する働きがあるためです。ですので、安定して伝達物質を合成するために、腸の動きを整えることはとても重要なこととなります。

腸が作り出す幸せホルモン「セロトニン」と「ドーパミン」

気持ちを明るくポジティブにしてくれる脳内の神経伝達物質

私たちの気持ちを明るくポジティブにしているのは、幸せホルモンとも呼ばれる脳内の神経伝達物質、「セロトニン」や「ドーパミン」といった物質の作用によるものであることがわかっています。そして、ストレスなどでセロトニンやドーパミンの分泌量が減ってしまうと、気持ちの落ち込みやイライラ、不眠、うつ病など精神的な疾患を発症するというのも、様々な研究で明らかとなってきました。実はこれらの幸せホルモンは、そのほとんどが腸で合成され脳内へと届けられています。特にセロトニンは、分泌量の約90%が腸で合成されているともいわれているんです!そのため、腸の健康状態がそのまま精神状態にも影響してしまうことから、腸は第二の脳とも呼ばれているのです。

大きいウンコは腸の健康のバロメーター

腸が健康で活発に機能していると、排便の量は多くなる

腸内環境が良く、腸が活発に機能しているときは、排便の量が増えるとされています。便を作るという働きは悪玉菌も持っていますが、悪玉菌が作るウンコは水分が少なくて硬くコロコロとしていて、スムーズに排便するのが難しく便秘になりやすいという特徴があります。それに反して、善玉菌優位の腸内環境では、便の状態は程よく水分を含んで柔らかく、お尻に大きな負担をかけることなく排便することができるのです。また、腸が健康であれば蠕動運動も活発ですので、これも便を多く出すための助けとなっています。以上のことから、大きいウンコは腸内環境が良いことを示すバロメーターとして、活用することができるとされています。

形や色、ニオイで腸内環境がわかる

良いウンチと悪いウンチがある?

トイレに行っても、どんなウンチが出たか見ずに流してしまうといった方もいるかもしれませんが、自分の健康状態を確認するためにウンチをチェックすることは非常に重要なこと。腸内環境の良し悪しは、ウンチに現れやすいからです。良いウンチと悪いウンチは1回の量はもちろん、色やニオイ、固さなどで比べられます。茶色なのか黒褐色なのか、酸っぱい臭いなのか強烈な腐敗臭なのかで腸内環境がわかるのです。特になかなか出せない便秘気味の方や、水分量が多い下痢ぎみの方は生活習慣を見直す必要があります。以下の項目に、よいウンチと悪いウンチの特徴をまとめているので、自分のウンチと見比べてチェックしてみてくださいね。

よいウンチ・悪いウンチの見分け方

良いウンチ

バナナの形をした、長さ20cm程度の便は良いウンチです。筋肉によって押し出されており、腸内が健康であるという証拠にもなります。毎日1回、同じ時間に出ているとなお良いでしょう。

バナナウンチ

  • 色:黄色・黄褐色
  • 形:直径2~2.5cm、長さ20cm程度
  • におい:臭くない
  • 固さ:歯磨き粉程度の硬さ

悪いウンチ

下痢のように水っぽいウンチや、柔らか過ぎるウンチは栄養分が正常に消化・吸収されていない可能性が考えられます。反対に、硬すぎるウンチは、悪玉菌が優位になっているほか、食物繊維が不足しているかもしれません。いつもと違うウンチが出たら、食事や生活習慣を見直した方がよいでしょう。

ヒョロヒョロウンチ

  • 色:黒褐色または黒
  • 形:細くヒョロヒョロしている
  • におい:非常に臭い
  • 固さ:柔らかい

ビシャビシャウンチ

  • 色:茶色または黒褐色
  • 形:水っぽさがある
  • におい:腐った臭い
  • 固さ:水っぽい

コロコロウンチ

  • 色:茶色または黒褐色
  • 形:小さくてコロコロしている
  • におい:臭い
  • 固さ:非常に硬い

悪玉菌の増殖は体にも心にもダメージとなる

心身ともに良い状態を作るのはバランスのとれたキレイな腸内フローラ

私たちの心を安定させるためには、神経伝達物質のセロトニンは欠かせないものです。そしてセロトニンのほとんどは、腸で合成されていることも分かっています。ですので、セロトニンをより多く脳内で分泌させるには、バランスのとれたきれいな腸内フローラが必須ともいわれているのです。なぜならば、悪玉菌が増殖し腸内フローラのバランスを崩してしまうと、腸の働きは低下してセロトニンの合成量が減ってしまうからです。また、腸が機能低下を起こすと、ウンコは硬くてコロコロしたものになります。便秘にもなりやすく、肌荒れや免疫力の低下も招くことから、腸内フローラの状態は、心身ともに健全であるための大事なポイントになるといえます。

スルリと出る大きなウンコは、体の健康と心の幸せを表している

まとめ

ウンコは健康のバロメーターとしてよく知られていますが、心の幸せのバロメーターでもあったんですね。腸内環境が悪化した時の便は硬くてコロコロして、出すのが大変なのにすっきりした感じは得られません。それだけでも気分はダウンしてしまいますが、心を元気にする幸せホルモンの分泌まで少なくなっていたなんて…。本当に腸内環境は、私たちにとって大事なものなのですね。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。