腸活で体臭が改善されるかを調べてみた

腸活で体臭が改善される?

腸活で体臭改善

体の臭い、特におならの臭いが気になったら、腸内で悪玉菌が増殖しているサインです。逆に言うと、悪玉菌の増殖を抑えれば、おならの臭いにおいは改善できるということなのです。

おならはなぜ臭くなる?

おならが臭くなるメカニズム
~悪玉菌が臭いガスを作る

トイレの後、臭いが気になりませんか?ただおならが出るだけでも結構恥ずかしいのに、それが臭かったらなおのことですよね。そんなおならの正体は、悪玉菌がたんぱく質を分解するときに発生する、腐敗物質であるガスです。善玉菌が優位な腸内環境では、それほど多く腸内に発生するものではありませんが、ひとたび悪玉菌が増殖してしまうと、腐敗物質が大量に作り出されてしまうため、臭いガスが腸内に充満し、それがおならとなって出てくるのです。このことからも分かる通り、おならが臭くなってきたら、腸内で悪玉菌が増殖しているサインなのです。さらに肉類など、高脂肪・高たんぱくの食事が続くと、さらに悪玉菌は活発になり、余計に臭いガスを作り出すこととなります。

腸活で悪玉菌が減れば、臭いおならはなくなる

良いおならは臭くない!
腸内環境を改善して腐敗物質を出させない

腸内で1日に作られるガスの量は、実に400~1200ミリリットルにもなるそうです。そうしたガスは腸に入ってきた空気や、食べ物を分解するときに作られるのですが、腸内環境が善玉菌優位の良い状態にあるときは、そのほとんどが水素やメタンといった、臭いのないものになるのだそうです。ところが、悪玉菌が作り出すガスは、アンモニアや硫化水素などの臭いものなのだそうです。そのため、悪玉菌が優位の腸内環境であるときは、おならは臭くなるのです。そのため、腸活を行って腸内環境を善玉菌優位に改善していけば、おならは臭くなくなるとのこと!このように、腸内にいる悪玉菌の増殖を抑えていけば、おならの臭いはコントロールできるのです。

空気をたくさん飲みこむとお腹にガスが溜まりやすくなる

早食いや炭酸飲料の飲みすぎも、腸にガスが溜まる要因

腸内にガスが増えてしまう要因に、早食いが指摘されていることをご存知ですか?なんで早食いが?と思われるかもしれませんが、急いで食事をする人は、食べ物と一緒に大量の空気も飲み込んでいるのです。飲み込まれた空気はそのまま腸内でガスとなるため、早食いも要因の一つに入っているのです。同じ理由で、炭酸飲料の飲みすぎも、腸内にガスを増やす原因に挙げられています。その他に、万病のもとともいわれるストレスも、早食いを招いたり腸の動きを阻害することが、ガスの量を増やすとされています。そこに悪玉菌の増殖が加わってしまえば、腸内にたまったガスは臭いおならとなって、体の外へと出てくることになるのです。

体を内側から臭くするのは、悪玉菌の仕業!改善には腸活が適している

まとめ

おならが出るのは腸が正常に動いている証拠なので、それ自体が悪いことではありません。ですが、そのおならが臭いのは、腸内環境が悪化していることを、体が教えようとして出しているサイン。つまり、目に触れることのないお腹の中の状態を、おならで確認することができる、というわけなのです。おならが臭くなってきたと感じたり、トイレの後の臭いが気になったら、腸活を開始する目安にしてみてください。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。