朝一杯のお水は腸活にいいのかを調べてみた

朝一杯のお水は腸活に本当に効果がある?

腸活に朝一の水

便秘を解消するための対策の中に、朝起きぬけにコップ一杯の水を飲む、というものがあります。果たしてこの方法は、本当に効果的なものなのでしょうか。

朝起きたら一杯の水を飲むのは、なぜ便秘解消に良いとされているのか

休んでいた腸を目覚めさせ、蠕動運動を促す効果が期待できる

便秘の解消法としても紹介されることが多いのが、起き抜けにコップ一杯のお水を飲むことです。就寝中は内臓の働きを休める時間ですので、起床直後はまだ内臓の働きは活発ではありません。ですので、朝起きてすぐは食欲がわかないのも、当然のことと言えます。そんな内臓にスイッチを入れ目覚めさせるのに有効なのが、目覚めの一杯だとされているのです。起き抜けに飲まれたコップ一杯のお水は、その重みで腸に刺激を与え、蠕動運動が始まりのスイッチを入れる手助けをしています。加えて、腸に水分が吸収されることによっても、腸の動きが良くなり、便意をもよおすなどといった効果を得ることが、期待できるのです。

便秘解消の他にも、得られる健康効果がある

体に水分を補給して、血液の流れを良くしてあげよう

目覚めに飲むコップ一杯のお水は、便秘の解消の他にも体に良いことが得られるとされています。まずその筆頭に挙げられるのが、血流をよくすることです。就寝中は、血液の濃度が高くなり、どろどろした粘性の高い血液になっています。こうした血液は血の詰まり・血栓を作りやすく脳梗塞や心筋梗塞などの発症リスクを高くします。それを予防するために、朝目覚めにお水を一杯飲むことで、血液の粘土を下げ血流をよくすることがすすめられているのです。また、腸が水分を吸収すると、酸素や栄養素が全身に運ばれやすくなります。それと同時に新陳代謝力をアップし、老廃物を体外へ押し出すのにも、このコップ一杯のお水が貢献してくれるそうです。

目覚めの一杯で注意したいこと

朝一杯のお水を飲むことでよい効果を得るための注意点とは

目覚めにお水を一杯飲む、この方法でより良い効果を得るためには、いくつか注意していきたいポイントがあります。その一つが、一気に飲み切ることです。お水の温度は、一気飲みで腸が冷えてしまわないように、常温からぬるま湯くらいが、おすすめできるポイントだそうです。また、飲む量も大切で、腸を刺激するには200~300mlが適量だそうです。飲むお水はアルカリ性の軟水がおすすめだそうですが、便秘症の人は硬水を利用するのがおすすめとなります。コップ一杯のお水は、大半の人には腸内改善に有効だといえますが、便秘と下痢を繰り返す「過敏性腸症候群」の肌には刺激が強く、下痢をおこしやすいとされています。そのため、この症状がある人には目覚めの一杯は、避けたほうが良い方法と言えるかもしれません。

一杯のお水が腸の活動スイッチを押す★

朝、目覚めたらコップ一杯のお水を飲む、という便秘解消法は、腸が動くように促す効果が確かにあるようです。ただ、便秘と下痢を繰り返しているような人には、向かない対策法でもあるようなので、注意しなければいけません。ですが、目覚めの一杯のお水は、便秘だけではなく血栓の予防にも効果が期待でき、体の水分不足解消にももってこいの方法でもあるのです。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。