菌活で菌をとり過ぎると下痢をしないのかを調べてみた

菌活をすることでお腹を壊さない(下痢)のか?

腸活で下痢

日腸内環境を改善するために、菌活で善玉菌や日和見菌を多く摂取することは、良いことだとされています。けれど、菌をたくさん摂ることでお腹を壊したりすることはないのでしょうか。

乳酸菌は摂りすぎても大丈夫

善玉菌の代表格、乳酸菌はどれだけ摂っても副作用の心配はない

善玉菌の摂取と聞いてまず頭に浮かぶのが、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌だと思います。でも、いくら体に良い菌だとわかっていても、たくさん体に摂取することで何か体に副作用のような影響はないのでしょうか。例えば、ビタミン剤や亜鉛などの場合、サプリで過剰摂取となった場合、脱毛や高血圧、免疫障害といった副作用が報告されています。確かに乳酸菌にも、腸の動きが良くなりすぎて下痢になってしまうこともありますが、どのくらい摂取すればそうなるのかといった明確な基準はなく、副作用とまでは言えないようです。また乳酸菌は摂りすぎたとしても、腸内で他の善玉菌のエサとなりますので、それほど摂取のし過ぎを心配する必要はないそうです。

乳酸菌以外に配合されている成分に注目

乳酸菌以外の成分が体にトラブルを引き起こす要因

乳酸菌自体には副作用などの心配はないそうですが、それでも「乳酸菌の摂りすぎで下痢が止まらなくなった」「体調が悪化した」といった声があるのも事実。なぜこのようなことが起こっているのでしょうか。その理由が、乳酸菌を摂取した時に、同時に摂取している成分に関係しているとされています。例えばヨーグルトを見てみると、乳酸菌の他にも砂糖や脂肪が含まれているものもあります。こうした商品の場合は、摂りすぎを注意しなければなりませんし、また乳糖不耐症を持っている人ですと、下痢や腹痛などといった症状も現れてしまうそうです。ヨーグルトの他には乳酸菌飲料なども同じことが言えますので、摂取する際には注意が必要になります。

サプリメントの活用でお腹も安心

乳酸菌だけを効率よく摂取できるサプリを活用しよう

このように、乳酸菌そのものというより、一緒に配合され摂取するものによって、トラブルが起こる可能性があります。ですので、お腹を壊すことなく菌活で乳酸菌を摂取するのであれば、やはりサプリメントを活用するのがおすすめになります。ヨーグルトなどの食品から乳酸菌を摂取しようとすると、他の配合成分の心配もありますが、何より量を食べないとたくさんの乳酸菌を摂取できません。その点サプリメントでしたら、他の成分の心配をする必要はありませんし、何よりたくさんの量の食品を食べなくても、理想の量の乳酸菌の摂取が可能です。また、乳糖不耐症が要因の下痢も、サプリではほとんど起こらないとされていますが、中には乳頭が含まれている製品もあるので、その点は注意するようにしましょう。

“過ぎたるは及ばざるごとし”
問題はなくても摂りすぎは
あまりおススメできません。

まとめ

乳酸菌の摂取は、あまり摂りすぎを気にしないで摂取できることがわかりました。けれども、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。乳酸菌だけにこだわるのではなく、他の食品からも様々な善玉菌や日和見菌を、バランスよく摂取していくことが、腸内環境をより良くしてくれることにつながります。いろんな意味で、「バランスよく」が腸活の大事な合言葉になっているようです。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。