腸に働く整腸剤とサプリの違いを調べてみた

整腸剤とサプリ
の違いは?

食べ物以外で、摂取することで腸を整えるものとしてあげられるのが、整腸剤と乳酸菌サプリメントです。形や摂取方法が似ているので、同じようなものに思われがちですが、実は全く異なるものなのです。

整腸剤とサプリメントは似て非なるもの

お薬の整腸剤と健康食品のサプリメント

整腸剤とサプリメントは、どちらもお腹の調子を整える作用のあるものです。摂取方法や形が似ているため、同じ種類のものと思われがちですが、この2つには明確な違いがあります。それが、整腸剤は医薬品でサプリメントは健康食品であるということです。医薬品とは、薬事法で定められた定義に基づいて作られており、販売に至るには国の認可が必要となります。対して健康食品とは、「特定機能食品」「栄養機能食品」と呼ばれるとおり、健康を促進するために特定の栄養素を補給するための、栄養補助食品です。ですので、サプリメントはあくまでも食品であって、整腸剤と違って薬ではないので、薬効効果というものは期待できないそうです。

整腸剤とは

腸の調子を整えて辛い便秘や下痢を改善してくれるお薬

整腸剤はその名前の通り、腸の働きを整える薬効効果を持った医薬品です。つらい便秘や下痢の症状を和らげ、改善していく作用があります。整腸剤には実に様々な種類があり、病院で医師の診察を受けると、その人の便秘症状やその原因に適したものが処方されます。整腸剤は、病院で医師が処方してくれるものの他にも、ドラッグストアなどで医薬品として売られている製品もあります。お腹の調子が悪かった時、そうした整腸剤を薬局で購入して服用した、という経験は誰にでもあると思います。しかし、「あまり効かなかった」「出たけどすっきりしない」「便秘薬はお腹が痛くなる」などが服用後にあった場合、選択した整腸剤が症状にあっていなかった可能性があるので、医師や薬剤師に相談して選びなおすことをお勧めします。

サプリメントとは

腸を整えるのに適している「乳酸菌サプリメント」

サプリメントとは、不足しがちな栄養素を補強できるよう考えられた、健康食品です。腸の調子を整えるのに適しているのが「乳酸菌サプリ」です。医薬品ではなくあくまでも食品ですので、整腸剤のような薬効効果はありません。ですが乳酸菌サプリは、多くの企業が独自で研究して開発を行っているため、整腸剤には配合されていない乳酸菌を摂取できる、といったメリットも存在します。つまり、整腸剤とはまた違った、腸の改善効果が得られる可能性があるということです。またサプリメントによっては、乳酸菌のエサとなる成分も一緒に配合されているものもありますので、腸内で善玉菌を増やす菌活効果も期待できるのが、大きな特徴となっています。

違いを知って上手に使い分けて、
腸活のサポートに活用しよう

まとめ

整腸剤とサプリには、薬と食品という大きな違いがあります。ですが、どちらも腸の調子を整えるのに、大きな役割を果たしてくれるものです。ですので、その時の体調に合わせて利用するものを選択し、腸活のサポートに活用していくのも、腸内環境の改善効果アップにつながるものと思われます。ですが服用することで体調にマイナスの変化があった場合は、速やかに病院で医師の診断を受けるようにしてくださいね。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。