腸を温める温腸活はどんな作用があるのか調べてみた

\

腸を温める温腸活の効果は?

温腸活

現代社会を生きる私たちの体では、低体温化が進行しているとされています。そのため胃腸が冷えて機能低下を起こしている可能性が、とても高くなっているのだそうです。

なぜ低体温化は進んでいるのか

便利で快適な生活環境が、私たちの体温を低下させている

現代を生きる私たちの体温は、以前と比較して低体温化が進んでいるとされています。今から約60年前の調査で私たち日本人の平均体温は36.89℃で、37℃以上の人も全体の約4割もいたそうです。現代社会でこの体温は、微熱があると判断されますよね。それにしても、なぜこれほど平均体温が下がっているのでしょうか。その理由としてあげられているのが、現代の便利で替え的な生活環境です。空調の普及やエレベーターやエスカレーターの利用、食事の欧米化など、私たちにとっては当たり前の生活環境が、体の筋肉量の減少や、体温を調節する機能を乱れさせてしまい、自ら体温を上げることが難しくなっているそうなんです。

低体温の人に多い「停滞腸」

低体温で体が冷えてしまうと腸の動きも弱まってしまう

体温が低い人の多くが、腸の動きが弱い、いわゆる「停滞腸」であることがわかっています。体の温度が下がると血管が委縮し、血流の循環も悪くなります。停滞腸とは、冷えによる血行不良により、十分な血液が得られなくなった腸の動きが活発ではなくなり、腸の働きそのものが停滞してしまう状態のことを指します。停滞腸になってしまうと、本来なら活発かつスムーズに行われるべき消化吸収や排泄が滞り、腸内に腐敗物質が溜まるようになり、腸内環境は悪化。便秘や肥満、肌荒れなど様々なトラブルを起こすようになってしまうのです。また、血行が悪くなると新陳代謝も衰えるため、細胞が活発に活動せず、それがさらに低体温化を進めると考えられています。

腸を温める「温腸活」で機能をアップさせよう

体温が低いと悪玉菌が活発になる★
シナモンとショウガで腸を温める

実は、腸内温度が37℃を下回ると、悪玉菌が活性化するとされていますので、腸を温めてあげることも立派な腸活になるのです。体を内側から温めるものとしてよく摂り入れられるのは、温かい飲み物や食べ物による温活だと思います。しかし、温かい飲み物などで温まるのはその時だけで、持続性という意味ではあまり効果的ではないそうです。そこで温め効果を長時間キープするのにぴったりなのが、シナモンやショウガをプラスすることです。シナモンには血行を良くする作用、ショウガには体温を下げにくくする作用があります。どちらも単独で体温を上げることはできませんが、お茶などで一緒に摂取することで、体温を維持する効果が確認されています。

体温が低いと内臓の機能が低下して、
体調を崩しやすくなる

まとめ

60年前の日本人と現代の日本人では、体温に大きな差があったことに驚きました。自分たちの体がこんなに冷えていたなんて…!内臓が冷えを起こすと、あらゆる機能に悪影響となってしまうので、温める腸活は今の現代人にとって、とても理にかなった腸活なのかもしれませんね。食べ物の他にも、湯船に浸かる、湯たんぽでお腹を温めるなども、良い温腸活となってくれるそうです。

【特集】

腸内環境の改善に!「おなか革命」とは?
おなか革命

腸活においては、多くの種類の善玉菌や日和見菌を摂取する、つまり菌活が、とても大きなポイント。しかし、食事などで数多くの菌を摂取するのはやはり大変。

サプリメント「おなか革命」は、菌活する人にとって神のようなサプリ。非常に多くの種類の菌を一度に摂取することができ、善玉菌も日和見菌もこれひとつで腸に数多く摂り込むことが可能です。